清水公園のマス釣り堀

旅行

清水公園のマス釣り堀

 アスレチックが終わったあと、マスの釣り堀に行ってみました。キャンプ場の方に釣り堀はあります。餌と釣り竿はセットで二百円とかなりリーズナブルな値段になっています。
釣り堀の受付
 しかも、餌はイクラでした。これは、たくさん釣れる予感がします。針が魚に引っかかってしまったときに外すときの道具も一緒に渡してくれます。
マス釣り堀の餌(いくら)
 針にイクラを付けて池の中にたらしてみると、何と入れた瞬間にマスが釣れてしまいました。イクラの威力は凄いです。他のお客さんの様子を見ていても、ドンドン釣れている様子です。
これだけたくさん釣れたことは子どもにとっては初めての経験だったのでとても喜んでいました。マスが針を奥まで飲み込んでしまうことがあり、針を外すのには一苦労しました。道具の刻まれている部分を糸に通して針まで持って行くと比較的簡単に外すことができました。


釣った魚は計り売りになりますので、釣れすぎても大変です。食べられる量だけ四匹釣れたところで、会計をしました。千四百円程度でした。この中には、調理して塩焼きしてもらう料金も含まれています。
マス釣り堀の料金体系
焼き上がるのには三十分程度の時間がかかるということだったので、池のほとりで焼き上がるのを待ちました。
 そして、指定された時間にマスを焼いてくれているコーナーに行くとしっかりと塩焼きが出来ていました。紙にくるんで、4匹をくれました。
マスの塩焼き
 塩がいっぱい付いているように見えるのですが、そんなに辛くはありません。皮の中は白身になっていて、淡泊でとても美味しかったです。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
関東周辺の日帰り旅行

コメント