青梅鉄道公園の5540号蒸気機関車

青梅鉄道公園の5540号蒸気機関車

 青梅鉄道公園には5540型という古いテンダ型の中距離用蒸気機関車も展示されています。この5500形は明治26年から明治31年にかけてイギリスで製造されました。明治時代から大正時代にかけてを代表する蒸気機関車の一つです。

 動輪は直径が1372mmで片側に二組を装備するB形になります。5500形は1952年には5540を含む4両のみを施設局に残す状態になり、1961年に青梅鉄道公園に5540形が選ばれた後、残りの3両は解体されました。

 日本で保存されている5500形については、改造された車両も含めてあまり残されていないようです。従って、この青梅鉄道公園の5540型機は非常に貴重な車両になります。

5540形蒸気機関車

5540形蒸気機関車

コメント

タイトルとURLをコピーしました