小金井市の江戸東京たてもの園を散策

江戸東京たてもの園

こどもの日に小金井公園の中にある江戸東京たてもの園にいってきました。この日は江戸東京たてもの園の中で大規模にこどもの日イベントが開催されています。

スポンサーリンク

様々なイベントも開催

チャンバラ、ベーゴマ、昔の商店街でのお買い物体験、泥だんご、ひねり竹とんぼ、紙の兜、風車作り、紙芝居、チャリティーライブなど、色々なイベントが開催されていました。

江戸東京たてもの園のこどもの日イベント

ぐるっとパス2011を購入

受付で、ぐるっとパスを購入して園内に入りました。江戸東京たてもの園の入場料は400円ですが、ぐるっとパスは2000円します。


しかし、このチケットを使えば、二ヶ月の有効期間の中で色々な美術館、博物館、科学館、動物園などに無料、または割引価格で入場出来ますので、とてもお得です。

ぐるっとパス2011の表紙

江戸東京博物館の分館

こちらの江戸東京たてもの園は、両国にある江戸東京博物館の分館として1993年に開設されました。そして、現地での保存が難しい歴史的建造物を園内に移築し、保存、公開しています。この江戸東京たてもの園ができる前には、こちらの場所には武蔵野郷土館という施設がありました。

両国の江戸東京博物館については、こちらでレポートをしています。

両国の江戸東京博物館を見学
今日はゴールデンウイーク後半の二日目です。今日も朝から天気が良かったので、子どもを連れて、両国にある江戸東京博物館に行ってきました。両国駅へ着くと、北側に国技館、そしてその左手に大きな江戸東京博物館が見えます。今日は電車を降りるところが良く

これらは武蔵野郷土館時代からある展示物だと思います。これらは武蔵野の道という小道の横に展示されています。

井の頭弁財天道

井の頭公園の中に弁財天がありますが、甲州街道から弁財天に至る道の道しるべとして設置されていた石碑です。

井の頭弁財天道の碑

井の頭弁財天道

井の頭弁財天の参道入り口にある黒門
吉祥寺駅の公園口から駅を出て、丸井横の七井橋通りをずっと真っ直ぐ進んでいき、七井橋をわたります。七井橋をわたると途中にボート乗り場や井の頭自然文化園の分園入り口などがありますが、そこも更に通り過ぎて次の短い橋も渡ります。そんな橋をわたって対

多摩川台8号墳

大田区に点在する古墳群の一つです。

多摩川台8号墳

多摩川台8号墳

こちらは古代から近代、現代にいたる武蔵野の生い立ちをテーマに様々なものを保存、展示していましたが、当時のものについても、江戸東京たてもの園に引き継がれているそうです。

旧吉野家住宅

こちらは三鷹市の野崎にあった旧吉野家の住宅です。

三鷹市野崎にあった吉野家の住宅

こちらの建物は江戸時代後期に建てられた民家です。吉野家は江戸時代に三鷹市野崎の名主役を務めた家といわれ、式台付きの玄関や付け書院のある奥座敷に格式を見ることができます。

旧吉野家住宅

旧吉野家の部屋の中

昭和っぽい雰囲気の自転車も置いてありました。

昭和っぽい雰囲気の自転車

続いて次のエントリーで、江戸東京たてもの園の東側のエリアを紹介します。

江戸東京たてもの園の東側のエリア
 小金井公園の中にある江戸東京たてもの園に行ってきました。最初に園内の西側のエリアを見てあとから東側のエリアを見ました。西側のエリアには主に住宅が多いのに対して、東側のエリアには商店などの建物が多くなっています。 今回行って...
緊急事態宣言またはまん延防止等重点措置期間等、何らかの事情で休業、営業時間の変更、メニューの縮小等が行われている可能性があります。 また、ここに掲載している情報は記事投稿時点の情報になりますので、最新の情報は公式サイト等でご確認ください。
旅行
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする

小金井市の江戸東京たてもの園を散策の情報

住所〒184-0005
東京都小金井市桜町3−7−1
電話番号042-388-3300
営業時間4月~9月:午前9時30分~午後5時30分 10月~3月:午前9時30分~午後4時30分  ※入園は閉園時刻の30分前まで
定休日毎週月曜日(月曜日が祝日または振替休日の場合は、その翌日) 年末年始(12月28日~1月4日)
参考サイト江戸東京たてもの園
地図

[地図はこちらから]

Nice Trip

コメント

タイトルとURLをコピーしました