東京国立近代美術館 工芸館を見学

東京国立近代美術館 工芸館

昭和館に行ったあと、また科学技術館の前まで戻ってきたのですが、まだ時間に余裕がありましたので、東京国立近代美術館の工芸館というところにも行ってみました。こちらも、ぐるっとパス2009の対象施設です。

昭和館については、こちらで紹介しています。

こちらの工芸館の前まで来て驚くのは、その立派な煉瓦の建物です。旧近衛師団司令部庁舎として使用されていた建物だそうで1910年に建てられた建物です。この建物自体が重要文化財に指定されています。

旧庁舎


今回は「現代工芸への視点―装飾の力」という展示が行われていました。

現代工芸への視点―装飾の力

入口から中に入ってみると、すぐ右側に受付がありました。こちらにぐるっとパス2009を出して入館します。1階はミュージアムショップなどがあるようで、展示室は2階に行くように言われました。重厚な感じの中央階段を上っていくと、そこから展示室へとつながる廊下があります。

館内はかなりたくさんの人でにぎわっているほか、ちょうど工芸館の方による展示の説明も行われているようでした。

現代工芸への視点―装飾の力

国立工芸館
国立工芸館の工芸館のページ。東京国立近代美術館工芸館は、国立工芸館として、2020年10月25日、石川県金沢市に移転オープンいたしました。明治期に建てられた歴史建造物(国登録有形文化財)を移築し、復元して活用しています。

美術館つながりになりますが、徳島県の鳴門海峡の近くにある大塚国際美術館はそのスケールの大きさに本当に驚きました。こちらで紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました