渡良瀬橋に出てくる床屋の前の公衆電話に行きました

渡良瀬橋に出てくる床屋の前の公衆電話

森高千里さんの「渡良瀬橋」という曲を聴いていると、「床屋の角にポツンとある公衆電話」という歌詞が出てきます。この公衆電話は実在するという話しを聞いていたので、行ってみました。こちらも現地でiPhoneを使って場所を探しました。渡良瀬橋の近くということでしたが、歩くと15分弱かかります。

太平記館駐車場が午後5時までと聞いていたので急いで公衆電話に向かいました。(太平記館駐車場には午後5時頃に着いたのですが、駐車場の管理人室を閉じるだけで、駐車場そのものを閉門するわけではなかったようです。まだ、クルマも残っていました)

通7丁目という交差点に行くと、すぐに床屋さんが見つかりました。しっかりと、床屋さんの前には公衆電話がポツンとあります。

床屋の前にポツンとある公衆電話


公衆電話を別の角度から見るとこんな感じです。

別の角度から見た公衆電話

公衆電話に近づいてみました。「森高千里さんの渡良瀬橋に歌われた電話ボックスです」ということを示す張り紙がありました。

森高千里さんの渡良瀬橋に出てくる公衆電話

電話ボックスには森高千里さんからのメッセージが書かれたパンフレットが貼り付けてあります。

森高千里さんからのメッセージ

逆側から電話ボックスを見てみました。

公衆電話

【2016/04/30追記】

足利を再訪した際にこちらの床屋の前の公衆電話に寄ってみました。床屋さんも昔のまま営業していましたし、公衆電話も健在でした。携帯電話の普及による需要の減少により、公衆電話の数が全国で減っているという話しを聞きますが、このように公衆電話が残っているのは嬉しいです。

床屋の前の公衆電話

 

特に公衆電話を使っている人はいませんでしたが、いざというときには頼もしい存在だと思います。

床屋の前の公衆電話2

 

また、足利に来る機会があれば寄ってみたいと思います。

床屋の前の公衆電話3

 

【2017/05/29追記】

床屋さんの名前は「尾沢理容店」、住所は「〒326-0814 栃木県足利市通7丁目3134」となります。

コメント