渡良瀬橋と歌碑に行きました

シェアする

渡良瀬橋

足利学校を見た後、前々から行ってみたかった、渡良瀬橋まで行ってみました。

史跡 足利学校に行きました

こちらは、歌手の森高千里さんの歌で有名な場所です。太平記館駐車場にクルマを停めたまま、足利学校からそのまま歩いて渡良瀬橋まで行きました。結構離れていて、歩いて15分程度かかりました。渡良瀬橋北という交差点から歩いて渡良瀬橋を渡ってみました。

渡良瀬橋

下路平行弦6連ワーレントラス橋という構造だそうです。ただ、渡良瀬橋そのものは、2車線の車専用の橋になっています。こちらには歩道はなく、渡良瀬橋のすぐ横に歩行者用の橋が平行にかかっています。


歩道側から車道側を見るとこんな感じです。

渡良瀬橋の歩道側から車道を見たところこちらの橋は1934年9月に竣工しました。11月に陸軍の大演習を足利で実施する際に老朽化したこの前代の橋では重量のある陸軍の車両が通行することが困難なために急遽架けられたのだそうだです。もう今から80年も前の話になります。渡良瀬川にかかる現存の永久橋としてはもっとも古いとWikipediaでは紹介されていました。確かに車道の幅はとても狭いです。トラス部分のメンテナンスのために車道が少し狭くなっている際には大型車の通行が禁止されることもあります。大型車は別の橋に回った方が良いでしょう。

歩道から皮を見るとこんな感じに見えます。

渡良瀬橋の歩道から川を見たところ

橋を渡りきったところでこの橋の近くに歌碑があることを思い出し、iPhoneで調べてみました。橋の東側、土手の上にあるようですが、なかなかどこにあるのかよく判りませんでした。歌碑のすぐそばに桜の木があるということがヒントになり、場所を特定することが出来ました。

歌碑の場所はこちらになります。


大きな地図で見る
 そして、こちらが歌碑と遠方に見えるのが渡良瀬橋です。

歌碑と遠方に見える渡良瀬橋

こちらが歌碑のアップです。

渡良瀬橋の歌碑

こちらは歌碑だけではなく、森高千里さんの渡良瀬橋をフルコーラスで聴くことが出来る設備も完備されています。こちらの押しボタン信号機のようなボタンを押すと再生が始まります。

渡良瀬橋の再生ボタン

こちらがスピーカーになります。

渡良瀬橋の曲が流れるスピーカー

最初は静かにスタートしますが、徐々に音が大きくなって、それなりの音量で聴くことができました。本物の渡良瀬橋をバックに歌碑で歌詞を確認しながら聴くのは、なかなか良かったです。

この歌碑のまわりにクルマを停められそうな場所は無さそうでしたので、電車で行くか、どこかにクルマを置いて歩いてこちらに来るような形になると思います。

【2016/04/30追記】

伊勢崎を通りかかりましたので少し足をのばして足利に寄ってみました。今回は美術館通り駐車場という市営駐車場にクルマを停めました。無料です。

足利美術館通り駐車場

ここから歩いて渡良瀬川に出ました。

渡良瀬川

遠くに渡良瀬橋が見えてきました。下路平行弦6連ワーレントラス橋です。

渡良瀬川2

歌碑も昔のままありました。森高千里の「渡良瀬橋」をこちらで聞くこともできます。

渡良瀬橋歌碑

この日はほかにも観光客がこちらを訪れていました。ここで歌碑を見て曲を聴いたあと、渡良瀬川の河原に下りていくというのが定番のコースになっているようです。午後5時頃でしたので、あと一時間少しで夕暮れです。そこまでゆっくりとする人も多かったのではないかと思います。

周辺の情報はこちらからどうぞ。
周辺の情報はこちらのキーワードからどうぞ


渡良瀬橋と歌碑に行きました の情報

2011年04月29日時点の情報です。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

住所

電話番号
営業時間
定休日
HPアドレス
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク