高崎市の亀沢温泉で日帰り入浴

旅行

高崎市の亀沢温泉

伊香保温泉のホテル天坊で日帰り温泉を楽しんだあと、帰り道で亀沢温泉というところにも寄りました。こちらも、温泉博士1月号の対象施設です。伊香保温泉からは榛名湖のほとりを通って、1時間ほどで着きました。途中、道が狭いところもありましたので、対向車には注意が必要です。


現地についたのは、午後2時ごろでした。駐車場の場所が分かりにくかったのですが、建物の前まで登って行ったところにありました。

亀沢温泉の駐車場

こちらの温泉は付近に何も無い一軒宿の温泉です。そんなに山深いところにあるわけではありませんので、秘湯という雰囲気ではありませんが、静かで良いところであることに間違えはありません。

亀沢ログハウス温泉館

美人の湯

亀沢温泉の入浴料金

ここで昼食を食べようとおもっていたのですが、この日は都合により昼食の提供は無いそうです。

昼食の営業は中止

お腹を減らしつつ、受付を終わらせて、お風呂へ行きます。

亀沢温泉のロビー

ロビーには大きなストーブがありました。

亀沢温泉のロビーとストーブ

脱衣所にはロッカーはありませんでした。貴重品は持っていかない方がよさそうです。

亀沢温泉の脱衣所

お風呂は内湯に大きな浴槽が一つ、この浴槽は源泉掛け流しになっているようです。ただ、温度調整のために青いビニールホースで水が加えられているのは、見た目的にちょっと残念でした。

美人の湯と言われているだけあって、お湯はとても柔らかい印象です。無色透明なのですが、気持ちの良いお湯だと最初に思いました。

浴槽は大きく、底が浅くなっていて、寝そべることができるようになった場所や、泡が勢いよく出ていて、ジャグジーのようになっているところがありました。浴槽が一つでもできるだけ変化をつけるように工夫されています。

露天風呂にも大きめの浴槽が一つです。周りに囲いなどは無いので、とても開放感があります。

亀沢温泉の露天風呂

Related posts

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
関東周辺の日帰り旅行

コメント

  1. 温泉博士の2012年5月号を買いました

     毎月購入している温泉博士ですが、4月10日の発売日になりましたので、5月号を購入しました。今回はAmazonで事前に予約をしておいて、送ってもらいまし…