相模湖の近くで「はちみつたいやき」を食べました

相模湖の近くで「はちみつたいやき」

5月27日の日曜日に山梨県の鼓川温泉というところに行ってきました。その帰り道、勝沼インターチェンジから中央道で調布インターチェンジに向かったのですが、渋滞情報を見ていると、談合坂SAから小仏トンネルまで渋滞の表示が出ていました。上野原インターチェンジから小仏トンネルまでならば、よく見る渋滞なのですが、談合坂SAから続いているとすると、少々長い渋滞ということになりそうです。

中央道を見ていても東京方面に向かうクルマは非常に多くて、これからも渋滞は伸び続ける雰囲気でしたので、今回は大月インターチェンジで中央道を下りて、富士みちで都留まで行き、そこから秋山を通り相模原の方へ抜ける道を走ってみました。途中、山道も含まれますので、それなりに時間がかかりますが、渋滞でのストレスが緩和出来るとともに、田舎道を運転していくことが出来るので、このルートは特に気に入っています。


しかし、このルートは特に藤野やまなみ温泉を過ぎたあたりから、道が狭いところが多く、対向車には特に注意が必要です。林の中で道が暗いところも多いので、ライトを点けて走ることもあります。

このルートを走っているとき、毎回、気になっているお店がありました。「はちみつたいやき」という宣伝が出ているお店です。場所は藤野や相模湖の近くなのではないかと思います。交通量がそんなに多い道ではありませんし、また近くにはそんなに多くの民家はありません。凄い立地だと思うのですが、ずっと営業しているということは、きっと美味しいのではないかと思っていました。

食べログを調べてみると、紹介記事がありました。山のはちみつ本店というお店のようです。

はちみつたいやき(箱入り) : 料理写真 : 山のはちみつ本店 [食べログ]

今回は、こちらのお店の前を通りかかったときに、他にクルマは停まっていませんでしたので、寄ってみることにしました。

山のはちみつ本店

特に駐車場はありませんので、路上に駐車する形になります。交通量はほとんど無いので、鯛焼きを購入するだけであれば、あまり邪魔にはならないかと思います。

今回は、普通の「あん」、「桜あん」、「クリーム」を買ってみました。一つ80円です。少し、小ぶりな鯛焼きです。

鯛焼きの皮に蜂蜜が練り込まれていて、柔らかな味でした。こちらを通りかかったときには、また、鯛焼きを購入したいと思います。

コメント