二本松市の智恵子の湯で宿泊

二本松市の智恵子の湯

子どもの夏休みにどこに行くかよく考えぬまま、1週間前になってしまい、ようやく泊まるところの検索を始めました。

じゃらんや楽天トラベルなど、いくつかの宿泊予約サイトを確認したところ、さすがにお盆の時期だったので、選択肢は非常に絞られています。東京からさほど遠くなく、子どもが喜ぶスポットに行くことができる場所を探してみたところ、福島県の二本松市にある智恵子の湯というところがヒットしました。

こちらは、高村光太郎の作品、智恵子抄でも描かれた高村智恵子さんの生誕地がすぐ近くにあるため、このような名前がつけられているようです。

ここまで来ると、なかなか日帰りでは来れないところですし、また、クルマを使えば猪苗代湖や野口英世記念館、鶴ヶ城、喜多方ラーメンなど、なかなか魅力的なスポットが揃っていますので、良いと思います。

出発の日の朝、渋滞情報を確認しました。ちょうどお盆の時期だったので、高速道路は渋滞のピークが予想されています。久喜のあたりまでは問題なく行くことができそうですが、その先はほとんど全滅です。

そこで、大泉インターチェンジから川口ジャンクションまで外環道、そして久喜まで東北道、新国道4号に出て宇都宮、そこから鬼怒川の方に出て、そのまま、会津西街道で会津若松、裏磐梯を通って二本松というルートで向かいました。

途中、浦和のあたりで事故渋滞に捕まり、30分ほどを無駄にしてしまいましたが、それ以外は非常に順調に行くことができました。

智恵子の湯は木造二階建ての旅館です。外観は少し古く感じましたが、それは本館のようで奥には新しい建物がありました。建物の前にクルマを停めることができます。

こちらは本館です。

智恵子の湯の本館

玄関から中に入るとすぐに受付がありました。そちらで予約している旨を伝えると宿泊者カードへ記入して受付完了です。昔ながらのルームキーを受け取り、部屋へと向かいました。

部屋はリニューアルをしたみたいで、とても綺麗です。10畳くらいはあるのではないかと思います。和室で、布団が置いてありました。


テレビはありますが、冷蔵庫はありませんでした。タオルセット、歯ブラシセットは完備されています。髭剃りを忘れてしまったので、すぐ近くのコープふくしまに買い物に行きました。こちらは、ダイソーやマクドナルドも併設されています。

コープふくしま

こちらは、夜の22時近くまで営業しているようなので、いざという時の買い出しにとても便利です。

買い出しから帰ってみると、まだ夕食で予約した19時には時間に余裕があるので、先にお風呂に入っておくことにしました。お風呂は一階の奥の方にあります。

お風呂はからんが3つと小さめです。浴槽は4人が入ると満杯です。こちらの特徴はお湯が赤茶色で、まったく透明度が無いことです。鉄分がとても多いようで、錆びた鉄のにおいがしました。

二階にはマッサージチェアがあり、こちらは無料で使うことができます。

智恵子の湯のマッサージチェア

19時になりましたので、食事処へと向かいました。一階にあります。指定席になっていて、席に案内してもらいました。食卓の上は、刺身やしゃぶしゃぶ、たこわさび、茶碗蒸し、お寿司などで、いっぱいです。

刺身など

夕食のお寿司

しゃぶしゃぶ

また、サービスでソフトドリンクまたは日本酒が一杯無料ということでした。私は日本酒を頼みました。二本松のお酒を持って来てくれました。口触りがまろやかなとても美味しいお酒でした。

その上、席につくと、天ぷらの盛り合わせ、ごはん、味噌汁、フルーツ盛り合わせなど、さらにたくさんの料理を運んできてくれました。あんなに一泊二食付きで料金が安かったのに、驚くほどのパフォーマンスです。ごはんはおかわり自由でした。

子どもには、大きなエビフライ、ポテトフライ、ハンバーグなどなど、これまた子どもが好きなものがいっぱいです。

子ども用のメニュー

しかも、子どものデザートは大きなフルーツパフェでした。食事が終わるころに運んできてくれます。子どもは大喜びでした。

子ども用のパフェ

2日目は朝の7時から8時の間が朝食タイムです。朝7時10分ごろに食事処に行くと、昨日と同じ場所に座るように誘導してもらいました。

朝ごはんも品数タップリです。温泉玉子、焼き鮭、インゲン、サラダ、ハム、味噌汁、焼き海苔、ごはん、香の物などが並びます。

智恵子の湯の朝食

部屋も綺麗で料理も美味しく、とても良かったです。東北に行く際には、是非また利用したいと思っています。

Related posts

コメント

タイトルとURLをコピーしました