「智恵子の里安達夏祭り」で花火を見ました

「智恵子の里安達夏祭り」で花火

 二本松市にある智恵子の湯という旅館に泊まった際に、今晩は花火大会があると教えてもらいました。徒歩5分くらいのところで、8時40分に開始するそうです。調べてみると、「智恵子の里安達夏祭り」というイベントが二本松市役所安達支所の駐車場付近で実施されるようです。

 ということで、午後8時ごろに宿を出て、花火の会場へと向かいました。のんびりと歩いて行くと、田んぼ沿いの道ばたに、人が田んぼの方角を向くように座っています。東京の花火大会ではあり得ないほど空いています。


 そして、徐々に人の数が増えて来て、開始5分くらい前になるとディズニーランドのパレートぐらいの雰囲気になりました。

 そして、開始時間になると、アナウンスのあとに花火が上がりました。

花火その1

 打ち上げポイントが非常に近いのが特徴です。

 花火の光で打ち上げポイントが明るく照らし出されることがあるのですが、打ち上げポイントの近くには人はいませんでした。かなり離れたところから遠隔操作になっているようです。ただ、気になったのは、打ち上げポイントから比較的近くにクルマが何台か止まっていたことです。

 この日はあまり風がなかったので、花火の煙があまり流れて行きません。連続して花火を打ち上げると、まるで、煙の中で花火が花開く感じになってしまい、よく見えません。

 そこで、連続して花火が打ち上げられたあと、しばらく間があって、煙が流れて行くと次が打ち上げられという感じで進行されました。

花火その2

 花火は20分ほど続けられて、約1000発の花火が打ち上げられました。単発の花火の他、スターマインも何回か打ち上げられて、会場では拍手が巻き起こっていました。落ち着いて、花火を鑑賞することができて、とても良い花火大会でした。

 周辺の地図を掲載しておきます。


大きな地図で見る

コメント