伊香保温泉の「旅館ふくぜん」に行きました

伊香保温泉の「旅館ふくぜん」

 新鹿沢温泉から東京へ帰る途中、伊香保温泉の旅館ふくぜんに寄りました。こちらも温泉博士10月号の対象施設です。現地には午後3時少し過ぎに着きました。こちらでの温泉博士の利用可能時間は午後3時以降ですので、時間的にはちょうど良かったです。

ふくぜんの玄関

ふくぜんの駐車場

 受付に行ってみると、ちょうどチェックインをするお客さんで混雑していました。そして、受付をすると、お風呂の場所を教えてくれました。貴重品ロッカーは無いようなので、そのまま受付で貴重品を預かって貰いました。受付の前にはお土産屋さんもあります。

ふくぜんのお土産

 お風呂は最上階にあります。玄関ロビーは建物の3階になるようです。そのままエレベーターで最上階まで上がりました。


 こちらが温泉の入口です。

旅館ふくぜんの大浴場の入口

 脱衣所には脱衣籠が並んでいました。

脱衣所

 こちらは温泉分析書です。

温泉分析書

 脱衣所からは非常に展望が良いです。

展望浴場からの眺め

 伊香保温泉には黄金の湯と白銀の湯の二種類がありますが、こちらの「ふくぜん」では新しい白銀の湯が使われています。泉質はメタケイ酸単純泉です。内風呂にはこの温泉の浴槽があります。かなり豊富に湯船には温泉が注ぎ込まれていました。残念ながら掛け流しではなく循環式です。

 こちらのお風呂はあがったあとも身体がいつまでもポカポカで、その日は夜になっても全身が温かかったです。

 こちらは温泉と同じフロアーにある休憩コーナーです。

休憩コーナー

 周辺の地図を掲載しておきます。


大きな地図で見る

コメント