山梨県の奥山温泉で日帰り入浴

旅行

奥山温泉

温泉博士の10月号についていた温泉手形を使って、山梨県の奥山温泉というところへ行きました。山梨県というよりも静岡県に近いところになります。バスなどは走っていないようなので、事実上、クルマがないといけないところだと思います。

中央道で河口湖まで行き、そのあと山道を抜けて、現地に向かいました。ちょうど、11月の初めごろだったので、紅葉が非常に綺麗でした。途中、国道469号線というところを通ったのですが道が細くヘアピンカーブの連続でしたので、あまりこの道はお勧めできません。調べてみると、首都圏に近いお手軽酷道と命名されていました。

国道469号線①~首都圏に近いお手軽酷道~|ケータイが手放せない!

JR身延線の「いで」という駅からさらに10km以上、山道を走って行ったところで、ようやく奥山温泉に着きました。午前10時頃の到着です。受付で温泉手形を提示して入館しました。駐車場に停まっているクルマを見ると、ほとんどが静岡や山梨のナンバーです。地元の人が多いようです。

奥山温泉

脱衣所には無料の貴重品ロッカーと有料のコインロッカー、そして脱衣カゴが並んでいます。

お風呂の方は内風呂に大きな浴槽と水風呂、サウナがあります。サウナは3人くらいしか入ることができないサイズです。電気が切れていたので、かなり暗かったのが難点です。また、ドアの調子も悪くしっかりと閉まりませんでした。小さなヒーターなのですが、それなりに岩から赤外線が出ているようで、そんなに部屋の中は熱くないのに、よく汗が出てきました。

露天風呂は大きな岩風呂があります。こちらは温度がぬるくて、長湯ができます。アルカリ性の単純泉ですが、身体がヌルヌルとしてきて、よく身体が温まりました。

お風呂から上がった後は、広間に行きました。

奥山温泉の広間

こちらでは、うどん、蕎麦などの軽食を食べることができます。受付の前に自動券売機がありますので、そちらで食券を購入して係の人に渡せばテーブルまで運んできてくれます。今回は天ぷらそば(500円)にしてみました。

奥山温泉の天ぷらそば

少し、天ぷらが小さいのがとても残念ですが、蕎麦の量は多いので、意外とお腹がいっぱいになりました。こちらは山菜蕎麦になります。

奥山温泉の山菜蕎麦

ごちそうさまでした。

Related posts

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
関東周辺の日帰り旅行

コメント