【閉店】秋のおふろの王様 東久留米店に行きました

旅行

おふろの王様 東久留米店

11月23日の勤労感謝の日に東久留米にあるお風呂の王様へ行きました。こちらは、所沢街道沿いにあります。最近できたイオンモールの近くです。

勤労感謝の日とは言っても、この日は土曜日ですので、なんとなく休みの日を一日損をした気もします。午後1時過ぎに現地に着いたのですが、駐車場はかなりクルマがとまっていました。

館内に入って自動券売機にお風呂の王様の会員証を挿入し、JAF会員用のチケットを購入しました。大人630円でした。こちらは、天然温泉がないので、安めの値段設定になっています。調べてみると、通常料金で比較すると、天然温泉がある花小金井店は土日祝日が1000円であるのに対して、東久留米店は土日祝日730円です。

館内に入ったあと、最初にお風呂へと向かいました。脱衣所のロッカーは空いているところはどこでも使って良い仕組みになっています。コインロッカーは100円玉返却式でした。

内風呂は掛け湯、洗い場、ドライサウナ、白湯、各種ジェットバスなどがあります。一方で露天風呂の方は、人工温泉、蒸し風呂などがあります。今回の人工温泉は重曹温泉でした。お湯はなんとなくトロミがある感じです。その名の通りい重曹が主成分で灰色っぽい少しの濁りがありましあたが無色透明です。乳化現象により皮膚の表面を柔らかくして脂肪や分泌物を洗い流すと言われています。

ドライサウナは非常に大型で、たくさんの人が入ることが出来ます。部屋の中にはテレビも設置されていました。最下段と最上段ではかなりの高低差がありますので、自分の好きな温度の場所を選ぶことができます。サウナから出たところには掛け湯と水風呂がありますので、動線もよく考えていると思います。

お風呂からあがったあとは食事処に行きました。ただ、すでにランチは食べていましたので、こちらではソフトクリームを食べました。バニラ、ミックス、季節のソフトクリームの3種類から選ぶことができます。季節のソフトクリームがなんなのか確認してみたら「チョコレート」ということでした。チョコレートがなぜ秋なのか?不思議な感じがします。

こちらの施設は色々な施設がちょうど良いサイズで収まっていて比較的リーズナブルな料金で良い施設だと思います。

【2020/01/03追記】

残念ながら2019年12月27日をもって閉店してしましました。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
関東周辺の日帰り旅行

コメント