野沢温泉で外湯めぐりに便利な新田立体駐車場

旅行

野沢温泉 大湯

年始に長野へ行く機会があり、少し足をのばして、野沢温泉まで行きました。上信越道の豊田飯山インターからクルマで約30分ほどのところになります。1月2日に行ったのですがこの日は朝からの雪でした。上信越道は途中からチェーン規制がありましたので、スタッドレスタイヤを履くか、チェーンを携行することが必須です。

豊田飯山インターを降りた後、野沢温泉が近づくにつれて、雪道となり走りにくくなりました。特に大型車が通ったあとの轍が凸凹のままに凍っていて、とてもクルマが揺れるのでスピードはあげられませんでした。

野沢温泉では事前に調べておいた新田立体駐車場にクルマを停めました。

こちらの看板が目印です。

新田立体駐車場の看板

こちらの新田ターミナルの下が駐車場になっています。この新田ターミナルはスキーバスなどの待合所になっているようです。

新田ターミナルの下が立体駐車場

こちらが駐車場の入り口です。

新田立体駐車場の入り口

入口から入ったところにはすぐにコインパーキングの発券機があります。こちらは一時間100円の有料駐車場です。2,3時間の滞在であればこちらの駐車場がお得です。また、屋根があるので雪が降っていてもクルマに積もる心配がないところも良いと思います。三階から入場して、二階、一階と降りて行く構造になっています。一階が出口ですので、順次上から降りて行って、空いているフロアで停めれば良いでしょう。

出口から出た後はとおりに出るまでが坂道になっています。この日は除雪されていましたので難なく昇ることができましたが、もしもツルツルに凍っていた場合はスタッドレスタイヤを履いていても怖いかもしれません。

こちらの駐車場からもっとも近い外湯は「新田の湯」で、雪道を慎重に歩いても徒歩5分もかかりません。野沢温泉でも有名な大湯までは徒歩15分くらいです。

新田立体駐車場の住所は「〒389-2502長野県野沢温泉村大字豊郷9750ー1番地」です。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
関東周辺の日帰り旅行

コメント