飯能市の東郷公園と秩父御嶽神社で紅葉の見物

旅行

東郷公園 もみじまつり

休暇村 奥武蔵で日帰り入浴を楽しんだあと、歩いて15分ほどのところにある東郷公園に行きました。この地で生まれ育った木曽御嶽山の行者鴨下清八氏が整備した東郷元帥に縁も深き公園です。

紅葉の名所のようで、休暇村にポスターが張り出されていました。もみじまつりも開催されるようですが、11月の第三土曜日、日曜日に行われるようで、この日はその前の週です。ただ、冷え込みは徐々に厳しくなってきているので、それなりに色づいているのではないかと期待できます。

ポスターを見ていると、東郷公園まで歩いて散策するコースもあったようです。

駅長おすすめコース

休暇村 奥武蔵をあとにして、東郷公園に向かいます。国道299号線はしっかりとした歩道はあるものの車両の通行量も多くあまり通りたくなかったので、他のルートがないか辺りを見渡してみると、こんな道がありました。

東郷公園に続く道

しっかりと道路標識もあります。

道路標識

道幅は広いのですが、すごい急な上り坂です。

山道

あくせくしながら山道を登って行きました。

山道

ここが尾根でしょうか。

尾根?

今度は急な下り坂です。

尾根を越えたら下り坂

さらに、アップダウンが続く道を歩いて行きました。

この道はグーグルマップにもまだ反映されていませんので、新しい道なのかもしれません。

途中で幾つか枝分かれしていますが、しっかりと道路標識がありますので大丈夫でした。

道路標識

山道を抜けました。国道299号線を走るクルマの音が聞こえてきます。

素直に国道299号線を歩いた方がアップダウンが少なくて楽だったのではないかと思います。

駐車場

東郷公園の看板がありました。

東郷公園の看板

紅葉が綺麗です。

紅葉

写真展も行われていました。

写真展

参道を歩いていくと、入山料の徴収を示す掲示がありました。紅葉のシーズンには入山料を徴収するのだそうです。無人で徴収されており1人100円となっていました。

少し参道を外れたところに乃木大将の像があります。

乃木大将の像

どこまでも上り坂が続きます。

上り坂

こちらは乃木将軍の銅像です。

乃木将軍の像

乃木将軍の像

乃木将軍の像

やはり、紅葉が綺麗です。

紅葉

紅葉

階段もたくさんあります。また、それを迂回するような道もあるので全容がどうなっているのか、いまひとつよくわかりません。

階段

東郷元帥の像です。こちらの銅像を建立した大正14年4月17日には東郷元帥自らが除幕式に参列しました。

東郷元帥の像

紅葉

東郷元帥の像の案内

売店では、お団子や甘酒を売っています。

売店

近くには戦艦三笠の甲板があります。砲弾の直撃を受け、弾痕がたくさんあります。

弾痕の三笠甲板の案内

弾痕の三笠甲板

東郷元帥の像

紅葉

ここから秩父御嶽神社まで368段の階段が始まります。

368段の階段始まり

階段

案内

階段を迂回できる道もあります。途中、神社があったので、着いたかと思いました。

ここか?

しかし、まだまだ先があります。

まだ先がある

こちらが本殿です。

本殿

本殿の案内

紅葉

戻るときにロシア製の大砲が置いてあるということでしたので、見ていきました。

ロシア製の大砲 案内

古い大砲だと思うのですが、塗装もきちんとやり直したようです。

大砲

景色

ロシア製の大砲 道標

今回は東郷公園と秩父御嶽神社の両方を回りましたが、かなり良い運動になりました。帰りは国道299号線沿いを歩いて、休暇村奥武蔵へと向かいました。行きよりもずっと早く着きました。万歩計を持っていたのですが、全部で6000歩ほど歩きました。

飯能市の東郷公園と秩父御嶽神社で紅葉の見物の情報

住所〒357-0215
埼玉県飯能市坂石550−2
電話番号
営業時間
定休日
公式サイト東郷公園 秩父御嶽神社|トップページ
地図

[地図はこちらから]

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
関東周辺の日帰り旅行

コメント