小川町の玉井屋でふるさと納税返礼品の月の膳ランチ

日曜日に埼玉県の小川町にある玉井屋という料理店に行きました。楽天ふるさと納税経由で小川町に寄付した際にその返礼品として玉井屋の食事券をもらっていました。(実は小川町はファッションセンターしまむらとヤオコーの発祥の地です)

期限も徐々に近づいてきたので、日曜日のランチタイムに行ってきました。こちらの月御膳が食べられます。

ふるさと納税で貰った食事券を利用する場合は、前日までに予約をしなければいけないところも多いのですが、玉井屋は予約の必要はありません。ただ、貸切営業などで利用できないことがあるため、事前に営業状況の確認をするように書いてありました。この日は電話で確認してみると大丈夫だという返事でした。

現地にはちようどお昼の頃に着きました。広い駐車場があります。

酒造所

お隣は杉の玉があるので酒造しているようです。

こちらが玉井屋の入口です。

すでに店内は満席ということで、お店の前で順番が来るのを待っていました。

お店の前にある蔵では手芸品の展示が行われていました。

ギャラリー

ちょうど満席になってしまったばかりのようで、なかなか食事が終わったお客さんが出てきません。30分程の待ち時間でし12時半には「喫茶専用営業」に変わってしまいました。これを過ぎて店につくと食事はできなくなってしまいます。危ないところでした。

お店に入ってみると、席の数がとても少なくなっていました。テーブルとテーブルの間がとても離れています。コロナウイルス対策なのでしょう。席の数が少ないので、混雑してしまうようです。

テーブル席と座敷がありますが!窓際のテーブル席に案内してもらいました。食事券を提示すると、メインの惣菜を選ぶように言われました。

メニュー

こちらがメニューになります。

花御膳、月御膳、雪御膳の3種類があります。

主菜はこちらの3種類から選びます。今回は豚ロースの晴雲漬けにしました。

お子様向けメニューもありました。

月御膳はご飯がとろろ飯か炊き込みご飯を選べるのですが、すでに炊き込みご飯は売り切れでしたので、とろろ飯になりました。

食前酒がドライバー以外にはふるまわれます。

お隣の酒蔵の日本酒です。

続いて、3種類の前菜が運ばれてきました。

前菜はおかわりができます。

こちらはがんもどきです。

キャベツはお代わりしてみました。

続いて、主菜が運ばれてきました。

味噌が濃厚な味でとてもよく豚肉の味とあっています。

ご飯ととろろ芋です。

デザート

最後に酒粕のデザートです。

やはり自然を大切にした和食で繊細な美味しさでした。

ごちそうさまでした。

【2021/09/25追記】

再訪

土曜日の開店時間を目処に玉井屋さんに訪問しました。道が空いていたので開店15分ほど前に到着、すでに他のお客さんも来ていたので入口の前で並びました。

名前を書くところなどが有れば、お酒の売店を見ることができるのですが、特に名前を書けるようにはなっていませんでした。

ふるさと納税の食事券を提示すると、メニューから選んでほしいと言われましたが、確か月御前専用だったはず、改めて確認すると店員さんが知らなかったようで、オーダーすることができました。

玉井屋メニュー

主菜は豚ロースの晴雲漬けにしました。

主菜 玉井屋

オーダーすると、店員さんがムニャムニャと聞き取りづらい声で、「この席は1時間後に予約が入っているのでそれまでに退席してほしい」という主旨のことを言っています。他の席を利用している人には伝えていなかったので、本当にたまたま予約が入っている席だったのでしょう。だとしたら座る前に言わなければいけないと思うので、少し感じが悪いと思いました。

感染防止対策は緩め

前回来た時は感染防止対策のためにテーブルがかなり間引かれていましたが、今回は密に配置されていました。アルコール消毒液の設置はありますが、検温はなし。アクリル板の設置はありません。

蔵のような場所で外気との換気は難しい様子ですが、扇風機で空気の循環が行われていました。

前菜はバイキング方式

前菜は選べるようになっていました。

玉井屋 前菜

お代わりも自由です。

料理は次々に運ばれてきて食べ終わるとすぐに片付けられます。なんだか忙しない感じです。

主菜が運ばれてきました。

玉井屋 主菜

豚肉はもろみの効いた味噌の味がよく染み込んでいてとても美味しかったです。

酒粕のブラマンジェ 玉井屋

ごちそうさまでした。

午前11時半の段階で満席になってしまいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました