お茶の水 大勝軒 BRANCHINGで特製もりそば

先日、神保町に行った際にランチタイムにお茶の水 大勝軒 BRANCHINGに寄りました。お茶の水大勝軒の姉妹店で、お茶の水という店舗名にも関わらず、神保町と九段下の中間地点にあります。お茶の水大勝軒は店舗が入っているビルの建て替えのために、2020年9月15日で一旦休業していますので、こちらのBRANCHINGを利用するように公式サイトでは案内されています。

BRANCHINGは本店のオリジナルスープよりも魚介系の食材を強化して、あっさりとしながらコクのあるスープが特徴と紹介されています。

今回、初めて入るお店です。外の自動券売機で食券を購入するシステムになっていました。PayPayも利用可能で、PayPayは自動販売機が対応していないため、店内で注文を伝えてからバーコード決済をする仕組みになっていました。

今回は一番目立つところにボタンがあった特製もりそばを注文しました。950円です。

こちらのラーメン店、価格帯が全体的に高くて、ベーシックな中華麺やもりそばが税込950円からとなっています。一番高いメニューは限定もりチャーシュー1500円でした。こちらがメニューです。

お茶の水、大勝軒 BRANCHINGメニュー

入店したのは平日の午後12時20分ごろ、店内はカウンター席が満席で、奥のテーブル席に通されました。

特製もりそばが提供されるのには15分ほどの時間がかかりました。こちらが特製もりそばです。

特製もりそば

麺はモチモチでツルツルとしたストレート麺です。太いので、何となくうどんにも見えます。

特製もりそば

つけスープの中には具材がいっぱいです。

特製もりそば

甘酸っぱい味で食欲をそそります。麺はボリュームがありましたので、お腹がいっぱいになりました。

ごちそうさまでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました