ユーカリが丘にあるアクアユーカリに行きました

ユーカリが丘にあるアクアユーカリ

8月21日(土曜日)に千葉県のユーカリが丘にあるアクアユーカリというところに行ってきました。京成電鉄のユーカリが丘駅からすぐ近くにあります。今回は事前に大幅に割引がきくクーポン券を見つけましたので、これを印刷して持参しました。首都高速や京葉道路を使ってクルマで行ったのですが、今回はかなり道が混んでいて、2時間以上かかってしまいました。

駐車場は施設に隣接するユーカリが丘商業駐車場というところを使います。「アクアユーカリ」をカーナビに入力して行ったのですが、施設そのものは無事に見つかったものの、駐車場の入口がどこか判らず、大きく駐車場の周りを一周してしまいました。この駐車場かなり大きいです。


駐車場の入口を無事に見つけました。コインパーキングと同じように入口から入っていったところに発券機があります。この駐車券はあとでアクアユーカリの受付に出すと営業日内は駐車料金を無料にする手続きをしてくれます。駐車場はとても広いのですが、アクアユーカリに近いところは駐車場が埋まっていました。少し離れればたくさん駐車エリアが空いています。

アクアユーカリの玄関

受付にクーポン券を出して入館料を支払います。すると、館内着のサイズを確認されて、館内着とタオルのセットをもらいました。

更衣室に行き水着に着替え、子どもと最初にプールに行きました。プールは室内と室外に分かれています。室内のプールはジェットバスのような装置が至る所にあって、シェイプアップが出来ます。また、イスや寝ころぶことが出来るベットが置いてありますので、そちらで休むことも出来ます。室外はとても日当たりがよいので、そちらで寝ていたら、かなり日に焼けてしまいました。

プールで2時間ほど遊んだあと、今度はお風呂のエリアに行きます。今回は男湯が「さくらの湯」になっていました。この「さくらの湯」は日本のお風呂で、もう一つのユーカリの湯は南欧風のお風呂になっているようです。

この「さくらの湯」については室内の内湯と露天風呂のエリアに分かれています。室内のエリアには人工ラジウム温泉、トルマリン風呂、備長炭風呂、ドライサウナ、塩サウナ、水風呂などがあります。ドライサウナと塩サウナにはテレビがあります。ドライサウナのテレビでは高校野球の決勝が流れていました。塩サウナの方のテレビではドラマが流れています。

塩サウナは室温は60度程度になっていて、お尻の下にマットをひいて座ります。そして中央に置いてある壺の中に塩がたっぷりと入っています。この塩を手にとって、身体にこすりつけます。なんだか、つぶつぶ感が際だつ塩で、すり込んでいくと皮膚が痛い感じもします。揉み込んでいって、あとでシャワーで流してみると、なんだか肌がスベスベ、モチモチになっていました。

お風呂からあがったあと、館内着を着て、今度はお休み処に行きます。休むことが出来る部屋は大きな広間と、その上の階にあるリクライニングシートがたくさん置いてある部屋の二つがあります。大広間の方は一角に漫画本がたくさん置いてあり、子どもは大喜びでマンがを読みあさっていました。リクライニングシートのある部屋はテレビが数台置いてあって、それぞれが違う番組が流れています。そしてリクライニングシートでは番組を選ぶボタンがあり、これで自分が見たい番組の音声を選択できます。

音声はちょうど耳の部分から音が聞こえてくるような仕組みになっています。ヘッドホンをするよりもこちらの方が良いと思います。リクライニングの仕方が最初はよく判らなかったのですが、色々探してみると、腰の部分にとってがあって、これを引っ張るとリクライニングの角度を調整できるようになっていました。

こちらのアクアユーカリは設備が整っている割にはそれほど混んでいないので、一日ゆっくりと時間を過ごすことが出来ます。お勧めの施設だと思います。

体と心を健康にしてくれる極上空間がぎっしり詰まった 《 アクア・ユーカリ&ユーカリ・ボウル 》
体と心を健康にしてくれる極上の「お風呂のテーマパーク」
この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!

ユーカリが丘にあるアクアユーカリに行きましたの情報

住所〒285-0858
千葉県佐倉市ユーカリが丘3丁目2−1
電話番号
営業時間
定休日
公式サイト
地図

[地図はこちらから]

旅行
このブログをフォローする
関東周辺の日帰り旅行

コメント

  1. アクアユーカリにまた行きました

     子どもがアクアユーカリを気に入ってしまい、また行きたいと言い続けていましたの…