くらぶち相間川温泉ふれあい館に行きました

くらぶち相間川温泉ふれあい館

群馬サファリパークに行ったあと、まだ少し時間に余裕があったので、日帰り温泉に寄ってみることにしました。サファリパークに群馬県の施設のパンフレットが置いてあるコーナーがありました。こちらにあったパンフレットの中で、「くらぶち相間川温泉ふれあい館」のパンフレットがあり、そちらが落ち着いていて良さそうな感じでしたので、行ってみることにしました。

カーナビで住所(群馬県高崎市倉渕町水沼27)を指定して現地に向かいます。そして、1時間弱で着きました。駐車場もそんなに混んでいませんでした。ラフェスタを停めて建物へと向かいます。

相間川温泉ふれあい館の駐車場


倉渕村いろいろマップがありました。

倉渕村いろいろマップ

まわりはクラインガルテン(ドイツ語で小さな庭)を形作っています。

クラインガルテン案内図

こちらが施設の建物です。

相間川温泉ふれあい館

館内に入ってみると、無料の靴用ロッカーがあり、こちらに靴をしまったあとに会計を済ませます。日帰り温泉は高崎市外から来た人は大人500円、子ども250円で3時間まで楽しむことが出来ます。

そして入っていったところが、食事処の大きな広間になっていました。まずは、こちらでお昼ご飯を食べることにします。

食堂のメニュー

900円の「かまめし定食」、同じく900円の「まいたけご飯定食」、醤油ラーメンを注文しました。釜飯定食は出来上がるのに30分くらいかかってしまうそうです。それでも注文しました。

最初に出来たのは醤油ラーメンでした。

醤油ラーメン

次に出てきたのが、まいたけご飯定食です。

まいたけご飯定食

そして最後に「かまめし定食」が出てきました。

釜飯定食

この釜飯、なかなか本格的で、きちんと固形燃料で暖めている状態で出てきました。火が消えてからしばらく蒸らしたあとに食べることが出来るようです。5分ほどで火が消えて、5分ほど蒸らしました。そして蓋をとってみるとこんな感じでした。

釜飯

ご飯が焦げているところもあって、とても美味しかったです。この辺まで来れば、横川の峠の釜飯も良いですが、こちらの釜飯定食も良かったです。

お昼ご飯を食べたあと、今度はお風呂に入ります。お風呂場は100円返却式のロッカーと脱衣籠がありました。貴重品をロッカーに入れて、衣服を脱衣籠に入れます。

内湯は大きな白湯の浴槽と洗い場があります。そして、露天風呂のエリアには源泉をそのまま使用している大きな浴槽があります。ここの温泉は鉄分をとても多く含んだ茶色の濁り湯です。アトピー性皮膚炎に効果があるのだそうです。泉質はナトリウム・カルシウム・塩化物強塩温泉、源泉の温度は63度です。

露天風呂を中心に1時間近くお風呂に入っていました。この温泉、半端無く暖まります。夜になっても、なんだか身体中がポカポカとしています。凄い効果です。

 

相間川温泉・クラインガルテン|くらぶちの自然に囲まれた天然温泉【群馬県・高崎市】

コメント