スパランド ホテル内藤でお風呂を堪能しました

スパランド ホテル内藤

温泉博士の12月号を使って、山梨県にあるスパランド ホテル内藤というところに行きました。以前にも一回来たことがあるので、今回が二回目になります。

今回は早めに調布インターから中央道にのったのですが、大月ジャンクションの手前で、大月・勝沼間通行止めの情報が出ていたため、大月出口からはずっと甲州街道でホテル内藤まで行きました。あとから知ったのですが、中央道の笹子トンネルで天井の崩落事故が発生しており、これに伴う通行止めだったということです。

現地に着いたのは朝の9時です。特に渋滞にあうこともなく、順調に到着しました。立体駐車場になっていますが、一階部分に空いているところが幾つかあり、こちらにクルマを停めました。

スパランド ホテル内藤の立体駐車場

受付で温泉博士を提示して、手続きをします。そして、リネン類を渡してくれるところで、タオルセットと館内着を受け取りました。この館内着は岩盤浴着としても使うようになっています。

最初にお風呂へと向かいます。ロッカーは受付で貰ったロッカーのキー番号のところを使います。縦長の使いやすいロッカーでした。


内風呂の部屋に入ってすぐの所には、あつ湯とぬる湯の掛け湯、そして、歯ブラシ、髭剃りなども準備されていました。髭剃りについては1枚刃と2枚刃を選べるようになっています。

内風呂は本当に広い部屋になっていて、大きなプールもあります。このプールには監視員はいないので、子どもだけでの利用は禁止されていました。

サウナは三種類あります。通常のドライサウナとソフトサウナ、そして塩サウナの三種類です。普通のサウナは非常に部屋が広くて、一番奥にはテレビがありました。サウナ室内に入ったところに段差がありますので、足元に注意です。かなり熱いサウナで、10分入っているのはかなり大変でした。

ソフトサウナは一番上の方でも温度は80度弱に設定されていて、確かに過ごしやすいです。こちらの部屋の中にもテレビがあり、大きなサウナ室とは別のチャンネルになっていました。こちらの部屋は10分間以上入っていても大丈夫でした。

塩サウナはまるでビーチのような白いチェアーがおかれています。そして、中央には塩が置かれていて、これを身体に塗りつけて入ります。確かにここで塩をつけて入っていると、塩を流したあとに肌がツルツルになりました。

水風呂はサウナ室に近いところにあります。シャワーで汗を流してから水風呂に入ることができるようになっていました。水風呂の温度は18度程度に設定されていて、ちょうど気持ちの良い冷たさでした。

ほかに入浴剤(甲州ワイン風呂)が入っている半円形の浴槽や、檜風呂、各種ジェットバス、強力な打たせ湯などがあります。

そして、露天風呂のエリアには薬湯の浴槽と壺湯、炭酸泉があります。薬湯の浴槽の前には大きなテレビが設置されていて、テレビを見ながらのんびりとお風呂に入っていることができます。

お風呂には、「ナノ水」が使われていました。保湿作用、浸透作用に優れていて、肌にやわらかいのが特長です

こちらのお風呂は本当に種類が多くて飽きません。サウナだけでも三種類準備されているので、サウナ好きの人も満足できるのではないかと思います。

続いて、ストーンスパとこちらでは呼んでいる岩盤浴にいってきましたが、長くなってきたので、次のエントリーで紹介します。

 

【公式サイト】山梨の日帰りスパ&宿泊施設・岩盤浴・大衆演劇・スパランドホテル内藤
山梨の日帰りスパ&宿泊施設、スパランドホテル内藤では多彩なお風呂から岩盤浴、名物ロウリュウをお楽しみください。美と癒しを追求した本格的なリラクゼーションエステ。和食やワインバーなど4つのお食事処から大人気の大衆演劇も開催。

コメント

タイトルとURLをコピーしました