秩父の星音の湯は和風の情緒たっぷりな温泉です

秩父の星音の湯

三連休の最終日となった1月9日、秩父市にある星音の湯というところに行って来ました。こちらは、以前にも二度ほど来たことがあります。少し、秩父駅からは離れたところにあるので、クルマか送迎バスを使うことになります。今回は飯能から国道299号線を使って秩父まで行きました。

星音の湯に着いたのはちょうど10時、開店の時間です。こちらは人気の施設なので駐車場はいつもかなり混雑しているのですが、この日はまだ、ほとんどクルマが停まっていませんでした。


館内に入ると靴のロッカーがありますので、こちらに靴をしまいます。このロッカーの鍵はのちほど受付で預ける必要があります。

星音の湯の靴ロッカー

受付のまわりには売店がありました。

星音の湯のお土産屋さん

お土産の数々

受付けをして、館内着やタオルを受け取ります。この価格でこれらが付いているのは非常に良心的だと思います。建物は瓦屋根の平屋の建物がロの字に建っています。そして、中央部分は中庭になっています?中庭には小川が流れていたり、それをまたぐ赤い橋があったり、情緒がたっぷりでした。

中庭と赤い絨毯がひかれた渡り廊下
中庭と赤い橋

星音の湯はお風呂だけではなく、星空バイキングがオススメです。11時からレストラン空楽で始まるので、レストランの前で11時集合ということにして、まずはお風呂に向かいました。

ロッカーは受付けでもらったロッカーキーの番号のところを使います。ロッカーは大きくもなく小さくもなく、普通の大きさでした。オレンジの鍵が男、青い鍵が女湯と言われました。男湯と女湯は交互に入れ替えているので、色のイメージと性別は一致しないようです。

内湯には掛け湯、洗い場、温泉の浴槽、水風呂、サウナがあります。サウナの温度は低めでした。あまり、汗が出てこないので、最初に入った際には、20分間もサウナに連続してはいっていました。もう少し温度が高くても良いような気がします。水風呂についてはちょうど良い冷たさでした。

温泉は少しだけ灰色がかった色がついています。温泉の中に入ってしばらく経つと、肌がヌルヌルとしてきて、なかなか効き目がありそうな気がします。

こちらが、星音の湯の温泉に関する案内です。

星音の湯の温泉分析表

露天風呂はワインの入浴剤が入っている浴槽が一つと温泉の浴槽が一つでした。温泉の浴槽は循環されているようで、内湯よりも温泉の雰囲気が少なめです。ただ、湯口から離れたところはぬるいので、ゆっくりとはいることができるのは魅力です。

お風呂に入っていると、お昼ご飯に行く11時が近づいてきたので、お風呂からあがって館内着に着替えレストランへと向かいました。ランチの記事は次のエントリーに続きます。

星音の湯 | ばいえる
秩父の温泉『星音の湯』では、露天風呂や岩盤浴など沢山のお風呂と、エステ・整体など様々な癒しの施設をご用意しております。

秩父の星音の湯は和風の情緒たっぷりな温泉ですの情報

住所〒369-1503
埼玉県秩父市下吉田468
電話番号
営業時間
定休日
公式サイト
地図

[地図はこちらから]

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
旅行
スポンサーリンク
このブログをフォローする
関東周辺の日帰り旅行

コメント