高尾山口の日帰り温泉「極楽湯 京王高尾山温泉」

高尾山口

高尾山は以前から都民にとっては身近なオアシスです。東京都の小学校に通っていた人ならば、高尾山に遠足に行った人も多いのではないかと思います。

そんな高尾山の麓に日帰り温泉オープンのニュースです。京王電鉄のニュースリリースで、高尾山口駅の近くに日帰り温泉施設を新しく建設することが発表されていました。

☆ ニュースリリース|京王グループ

高尾山口駅であれば、ハイキングにたくさんのお客さんが訪れるので、汗を流すために寄っていくお客さんがたくさん出てきそうな気がします。日帰り温泉施設としては、とても良い立地だと思いました。意外と高尾山のまわりには日帰り温泉施設の数は多くありません。良いところに目を付けたのではないかと思います。

高尾山と温泉

逆に日帰り温泉施設も魅力的なものを作ることができれば、逆に高尾山に行くお客さんの数を増やすことができるかもしれません。

さらに、高尾山自体も八王子の市街地と接していますので、地元のお客さんを呼び込むこともできそうです。

開業予定日は2014年夏、敷地の広さは1159坪、建物は二階建てで、和の雰囲気を大切にしたリラックスできる施設を目指しています。

日帰り温泉施設は極楽湯のフランチャイズ店として開業することとなっていますので、今までの極楽湯が運営してきた各種のノウハウがつぎ込まれた施設になるのでしょう。そして施設の運営は京王電鉄となります。

昨年の11月にニュースリリースが発表されているのですが、その時点では温泉の掘削工事中であったため、もしも温泉が湧出しなかったような場合には、施設の建設そのものを取りやめるかもしれないという注意書きがありました。その後、温泉は掘り当てることができたのかいなか、気になるところです。

ただ、個人的にはたとえ温泉が出なかったとしても、スーパー銭湯として営業すればうけるのではないかとも思います。

【2014/12/14追記】

高尾山口に建設されている日帰り温泉施設ですが、当初は2014年夏にオープンの予定とアナウンスされていました。ただ、夏を過ぎてしまっても、まだ開店のニュースが聞こえてこないので、再度、調べてみたところ、2015年春のオープンに、約半年間、開業時期が遅れているようです。京王電鉄が極楽湯とフランチャイズ契約を結び営業をする予定とのことで、どんな施設ができるのか、楽しみです。

【2015年10月31日追記】

いよいよオープンしました。極楽湯が運営し「京王高尾山温泉」という名前となりました。場所は京王高尾山口駅に隣接したエリアで、110台分の駐車場も併設されています。

京王高尾山温泉

今はオープンしたばかりの時期でもあり秋の行楽シーズン真っ盛りでもあるので、もう少し空いてくる時期を狙って行ってみたいと思います。

午前8時から午後10時までの営業、入浴料は大人1000円、土日祝日と繁忙期は1200円です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました