狭山環状有料道路を通りました

青空

先日、秩父から調布方面に行く際に、狭山環状有料道路を通りました。国道299号線を使って帰って来ると、どうしても狭山から所沢を抜けて、所沢街道に入るまでの区間が大きく渋滞していて時間をロスしてしまいます。このロス時間を少しでも少なくすることはできないかを試すために使って見ました。

距離的には遠回りになりますし、入間川を渡る区間は有料道路で150円が徴収されます。

飯能狭山バイパスからは圏央道入口交差点で左側の道に入り、狭山日高インターの方へ向かいます。ここからはただ、ひたすらにまっすぐ行けば、東所沢駅の近くまで出ます。

途中、入間川を渡る直前から有料道路区間がはじまり、料金所があります。ETCには対応していませんので、小銭を準備しておきます。150円という金額ではありますが、普通の橋なので、何と無くもったいないような気がします。

ただ、嬉しいのは、その先で国道16号線とが立体交差になっているため、信号待ちに悩まされることが無いことです。これだけでも、かなりのメリットがありそうです。

そのまままっすぐといくと、所沢とさいたま市を結ぶ大動脈である国道463号線と交差し、さらにまっすぐ行くと、武蔵野線をこえた辺りで道が終わります。

ここからは、狭い道を通って、小金井街道の下安松という交差点に出ることができます。この先、小金井街道は混雑していますが、所沢市街の混雑よりは良いです。

なかなか使い勝手の良い道でしたので、状況に応じて、また使おうと思います。

コメント