箱根の湯の里おかだで日帰り温泉

グルメ

湯の里おかだ

11月23日にホテルおかだのランチバイキングと湯の里おかだのセットプランを楽天トラベルで予約しました。

 

 

ホテルおかだは箱根湯本温泉の奥の方、ホテル南風荘のさらに奥にあります。カーナビの50音検索で湯の里おかだがヒットし、目的地まで問題なく案内してくれました。

ホテル南風荘には過去2回ほど行ったことがありましたが、ホテルおかだに行くのは今回が初めてです。

箱根のホテル南風荘に行きました
箱根のホテル南風荘に行きました 2011

今まで箱根に向かうときにはいくつかのルートで行きましたが、今回は横浜青葉インターチェンジから厚木まで東名道を使って、厚木からは小田原厚木道路、そして、箱根新道で須雲川インターチェンジまで行き、少し東海道を戻るような形で現地まで行きました。東海道は箱根湯本の駅前付近で渋滞することが多いので、箱根新道を使って行った方が現地には早く着く場合が多いと思います。また、箱根新道が恒久的に無料になりましたので以前よりも使いやすくなりました。


荻窪インターチェンジから箱根新道の入り口まで、1キロほどの渋滞がありましたが、それ以外は順調に向かうことができました。

10時15分ごろにホテルおかだに着きました。駐車場はどこに停めれば良いのかよく判りませんでしたが、ホテルおかだを少し過ぎたところにある、専用駐車場と書かれている場所に停めました。ただ、こちらは帰るときにはクルマが目一杯停められていて出しにくい状態になってしまっていましたので、こちらには停めなかった方が良かったのかもしれません。もっと坂を登っていったところに、湯の里おかだの駐車場があるので、そちらに停めた方が良かったのでしょう。

湯の里おかだの駐車場は、下の写真のように斜めになっているところもあるのですが、こちらではなく、もう少し先に進んだところに平坦な駐車場もありますので、そちらが空いていればそちらに停めた方が良いと思います。

湯の里おかだの駐車場

今回のプランの受付は7階のスカイラウンジで10時30分から始まります。7階で少し待っていると受付が始まりました。湯の里おかだには、色々な日帰りプランがあります。今回はランチバイキングと湯の里おかだがセットになっているプランを選びましたが、ほかにホテルに付いている温泉とのセットプランもありました。

湯の里おかだの日帰りプランの数々

受付が終わったあとは別棟にある湯の里おかだへ向かいます。エレベータで8階まで行き、案内に従って歩いていきます。廊下の横には足湯もありました。

ホテルおかだの足湯

すると、途中にホテルおかだの大浴場の入口がありました。

ホテルおかだの大浴場

さらに案内したがって歩いていくと、湯の里おかだの建物につきました。

湯の里おかだの建物

こちらの営業時間は11時からになるのですが、受付はしてもらえます。タオルやロッカーのキーを受け取って、三階の休憩コーナーで11時まで待つように言われました。

三階の休憩室は20畳程度の座敷が三部屋あります。のんびりとできて、なかなか良いです。

湯の里おかだの休憩室
湯の里おかだの休憩室

3階からはプールも見えました。

湯の里おかだのプール

そして、11時になりましたので、四階のお風呂へと向かいます。4階からはまわりの山が本当によく見えて綺麗です。

湯の里おかだから見える山々

浴室の入口前はこんな待合室になっています。

浴室の入口前の待合室

脱衣所にはロッカーが並んでいますので、受付でもらったロッカーキーの番号のところを見つけます。

お風呂のほうは、内湯に温泉の大きな浴槽と洗い場、露天風呂のエリアにはジャグジーのように泡がたくさん出ている浴槽や、掛け湯、打たせ湯、プラズマ湯、岩風呂、そして一段高いところにも浴槽がありました。

また、大きなドライサウナと水風呂があります。ドライサウナはとてもカラッとしていて気持ちが良いサウナでした。水風呂もキリッと冷えています。

泉質が単純泉(弱アルカリ性単純温泉 pH8.0)のせいもあると思うのですが、あまり温泉っぽい感じはありません。無色透明でサラッとした感じのお湯です。特に肌がスベスベになるようなこともなく、箱根の温泉としては少し物足りない印象もありました。自家源泉が5本もあり、1日40万リットルもの温泉が湧出しているということですので不思議な感じがします。ただ、今回、温泉に入って、家に帰ったあとも、まだ身体全体がポカポカとしていますので、やはり何らかの効能はありそうです。

また、お風呂の浴槽はたくさんあるのですが、例えば、温度にバリエーションをつけたり、小さくても良いので、一つは源泉掛け流しの浴槽を作るなどの工夫をすると、より変化が出て来て良いのではないかと思いました。施設はとても綺麗で、こまめにメンテナンスや改装を繰り返しているように見えましたので、徐々に良くなって行くことに期待できると思います。

そして、12時になったところで、お風呂は中断して、バイキングの会場へとむかいました。ランチバイキングの様子は、エントリーを分けたいと思います。

ランチバイキングでお腹がいっぱいになったあとは、また、湯の里おかだの休憩室へと戻り休みました。朝よりもお客さんは増えていましたが、休憩スペースはまだまだ空きがありましたので大丈夫です。

そして、午後2時頃から3時過ぎにかけて、もう一度、お風呂に入ってきました。午前中にきた時よりは、お風呂はかなり混雑していました。サウナにも常時お客さんが5人くらいは入っている感じでした。サウナは大きいので、まだまだ入ることができますので大丈夫です。

プラズマ湯は四人分の横になるところがあるのですが、常にいっぱいになっていました。泡がブクブク出ている寝湯という感じなのですが、効能があるのかいなかは今ひとつよく分かりませんでした。、ただ、人気があるようです。

3時過ぎに休憩室に戻ってみると、今度は非常に混雑していました。そろそろ、お風呂から上がって、休んだあとに帰ろうという人が多いのだと思います。家族連れのほか、若い女性のグループも目立ちました。

2階には食事処があります。

食事処やまびこ
食事処やまびこのメニュー

4時頃には箱根湯本への送迎バスがあるようで、お客さんがこの時点でかなり減りました。今回のプランでは夜11時まで湯の里おかだを利用することが出来ますが、今回は5時頃に湯の里おかだをあとにしました。のんびりと出来てとても良い施設でした。

 

箱根 湯本 日帰り温泉「湯の里おかだ」公式サイト
箱根湯本の日帰り温泉は「湯の里おかだ」へ。眺望の良い露天風呂からは湯坂山を一望でき、箱根の四季を愉しむことができます。プラズマ湯、ジェット湯などの豊富な種類のお風呂が自慢。近く小田原で捕れた海の幸も美味。

箱根の湯の里おかだで日帰り温泉の情報

住所
神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋191
電話番号
営業時間
定休日
公式サイト
地図

[地図はこちらから]

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
関東周辺の日帰り旅行

コメント