重要文化財「旧日本郵船株式会社小樽支店」とボンネットバス

旅行

日通とボンネットバス

小樽市総合博物館の運河館から本館に向けて歩いている途中、立派な建造物が見えてきました。重要文化財「旧日本通運株式会社小樽支店」と書かれています。

旧日本郵船株式会社 小樽支店の案内

こちらの建物は明治37年に着工、明治39年に落成した石造2階建の建物です。30年に日本郵船から小樽市が譲り受け昭和31年からは小樽市博物館として再利用されました。昭和44年に国の重要文化財として指定されて昭和59年から修復工事を開始、昭和62年に修復工事も完了しました。現在も保存修理調査工事のために平成27年3月末日までの間は館内に入ることはできません。

旧日本郵船株式会社 小樽支店

向かい側は運河公園となっています。

向かい側は運河公園

旧日本郵船株式会社小樽支店を見ていたら、突然、ボンネットバスがやってきました。

中央バスのボンネットバス

調べてみると、「小樽の明治・大正・昭和を訪ねて」と題した小樽市内定期観光バスのようです。小樽駅前ターミナルを午前9時40分に出発して、所要時間は3時間20分となっています。主な見学場所としては「にしん御殿小樽貴賓館(旧青山別邸)」、堺町メルヘン交差点、小樽歴史観が紹介されていました。また、小樽の歴史あるスイーツ(新倉屋の「花園だんご」、飴屋六兵衛の昔ながらの飴、桑田屋の「ぱんじゅう」)も食べることができるそうです。

こちらが公式サイトです。

北海道中央バス

ちなみにこちらの日本郵船ビルの前は、ボンネットバスの撮影ポイントになっていました。運が良かったです。

中央バスのボンネットバス 後ろから

中央バスのボンネットバスと乗務員さん

中央バスのボンネットバスと旧日本郵船株式会社 小樽支店

旧日本郵船株式会社 小樽支店

公式サイトはこちらです。

☆小樽市 : 重要文化財旧日本郵船()小樽支店

Related posts

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
関東周辺の日帰り旅行

コメント