手宮の小樽市総合博物館は屋外展示施設も充実

4.5

小さな転車台と機関庫

小樽市総合博物館の運河館を見学したあと、そこから歩いて20分ほどのところにある本館も見に行きました。こちらは昔の手宮駅があったところに作られており、とても敷地が広いことが特徴です。建物の中の見学に続いて屋外の展示物を見に行きました。

小樽市総合博物館屋外展示施設

雪かき車

こちらはアイアンホース号が出発する中央駅です。

遠くにアイアンホース号

アイアンホース号

こちらがアイアンホース号です。

アイアンホース号

前からアイアンホース号

アイアンホース号が走る線路です。日本の新幹線は標準軌、JRの在来線は線路の間隔が1067mmの狭軌と呼ばれる規格になっていますが、このアイアンホース号が走る線路の間隔はさらに狭いように見えます。

アイアンホース号の線路

ディーゼル機関車が展示されていました。構内の入れ替えなどで活躍した機関車です。

ディーゼル機関車

こちらは総合博物館の屋外展示施設の案内図です。

案内図

キハ56型気動車

こちらにはキハ56型気動車に続いていくつかの車両が連結されています。

気動車

キハ56 23

「ちとせ」号のサボがかかっていました。

ちとせ号

車内はクーラーはなくて扇風機のみです。

ちとせ号の車内

戸を開け放さないで下さい。

戸を開け放さないでください

キハ22型気動車

キハ22も展示されていました。昔、子どものころにNゲージの鉄道模型でこのキハ22を持っていたのでとても懐かしいです。

キハ22

キハ22 56

キハ22の車内も4人がけのクロスシートが並んでいます。

キハ22の車内

キシ80 食堂車

キハ82系は1961年から製造された「白鳥型」の名でも知られる特急用気動車です。非電化区間にも特急のネットワークを作っていくうえで重要な役割を担いました。こちらのキシ80は食堂車です。車内に入ることは出来ませんでした。

特急の食堂車

窓から車内を見てみました。窓側に向かってカウンター席が並んでいるのがわかります。

食堂車の車内

連結されている車両

C12型蒸気機関車

こちらはC12型蒸気機関車の運転室です。C12型はテンダー車をもたないタンク型の小ぶりな蒸気機関車でローカル線で活躍しました。

C12蒸気機関車の運転席

C12 6形式

C12を前から

手宮口

こちらは小樽市総合博物館の手宮口になります。

手宮口

動輪が展示されていました。

動輪の展示

転車台

転車台(旧小樽築港機関区転車台)があります。明治13年に幌内鉄道の手宮~札幌間が開業した際に設置された手宮機関区がその始まりになっていて、大正13年に小樽築港機関庫ができました。

アイアンホース号はこちらの転車台を利用して向きを変えます。

大きめの転車台

しづか号が到着するホーム

展示車両

アイアンホース号が煙をはいていました。

線路

貨車の展示

こちらは貨車が展示されています。

連結車両の案内

貨車

車掌車

車掌車もありました。昔の貨物列車には最後尾に必ず車掌車がありましたが、現在は合理化のために車掌車は連結されなくなってしまいました。

ワフ29984

ワフ29984の案内

こちらが車掌車の車内です。何となく落ち着く空間でした。

ワフ29984の車内

ワフ29984の案内

連結されている車両

救援車 オエ61

こちらは救援車です。災害や鉄道事故の現場に出動し、枕木等の復旧資材や工作機械の運搬、作業員の休憩所として使われました。

救援車

救援車の説明

こちらが救援車の内部です。だるまストーブがあるのがとても北海道らしいです。

救援車の車内

炊事ができる場所もありました。

救援車内部の炊事場

オエ61 309の案内

復旧に用いる資材も積み込まれていました。

オエ61の車内 枕木

スエ78

救援客車 スエ78

こちらも別の救援客車です。

スエ78の案内

スエ78の車内

スエ78の車内

現金輸送車 マニ30

こちらは特別な荷物車です。Wikipediaによれば太平洋戦争後のインフレーションにより紙幣の流通量が大幅に増えたことを受けて、日本銀行各支店に円滑かつ確実に紙幣を輸送することができるように作られたのがこのマニ30です。車籍は国鉄にありましたが所有者は日本銀行でした。2003年に日銀券鉄道輸送終了に伴い用途が無くなったため除籍されました。この車両が存在することやどう運用されるかは公開されることが無かったそうです。

この車両は荷物列車や客車列車などに連結されていました。たとえば、「銀河」「ニセコ」などの急行列車に併結する運用もあったそうです。1986年11月1日の国鉄ダイヤ改正では荷物列車がすべて廃止されましたが、これ以降はコンテナ車等の高速貨物列車に併結されていました。

国鉄分割民営化以降は6両全車が日本貨物鉄道(JR貨物)に継承されたようです。

そんなベールに包まれていた現金輸送専用車が2021年7月3日にBSフジの「鉄道伝説」という番組で特集されます。

マニ30

実際に荷物が積み込まれていました。この箱の中にお札が入っていたのでしょうか。

マニ30の車内

こちらには座席や寝台があります。現金を守るために輸送中は警備員が座っていたようです。

マニ30の車内

他の車両との間で行き来することはできません。

マニ30 2012の説明

荷物

客車

こちらは客車です。

客車

客車

こちらはキシ80型食堂車です。車内に入ることが出来ました。

キシ80 食堂車

食堂車の車内

食堂車の車内

食堂車の車内

スユニ50

こちらはスユニ50という郵便車と荷物車が一緒になった車両です。

スユニ50

こちら側が荷物車です。

こちらは荷物

ここに荷物を置きます。

荷物

逆側は郵便を区分するための棚が設けられています。

こちらは郵便の区分室

区分室

郵便のマークもあります。

郵便のマーク

郵便物

C55型蒸気機関車

C55型蒸気機関車も展示されていました。

C55 50型 蒸気機関車

C55の運転席

ED76型電気機関車

こちらはED76型電気機関車です。

ED76型電気機関車

C55型蒸気機関車を前から

ED76型電気機関車を前から

特急「北海」です。

ディーゼル特急 北海

運転席

ディーゼル特急の車内

今では見られなくなったたくさんの車両が展示されていて驚きました。一部塗装がはげてしまっていたり、保存状態が必ずしも良くないところが心配ですが、今回行ったときにも一部の車両では塗装作業が行われていましたので、順次保全作業が進められていくのだと思います。

公式サイトはこちらです。

小樽市総合博物館 本館 | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」:北海道小樽へようこそ!
ようこそ北海道小樽へ!イベント情報や散策モデルコース、便利な観光ガイドマップなど、旅行に役立つ情報をまとめて発信中!グルメにショッピング、制作体験など小樽の人気観光スポットの情報も!

Related posts

旅行
このブログをフォローする
もし、記事の内容が参考になった場合は、にほんブログ村バナーへのタッチをお願いします。当サイトのランキングが上がるので励みになります。 ⇒⇒ にほんブログ村 グルメブログ 関東食べ歩きへにほんブログ村
緊急事態宣言またはまん延防止等重点措置期間等、何らかの事情で休業、営業時間の変更、メニューの縮小等が行われている可能性があります。 また、ここに掲載している情報は記事投稿時点の情報になりますので、最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

手宮の小樽市総合博物館は屋外展示施設も充実の情報

住所〒047-0041
北海道小樽市手宮1−3−6
電話番号0134-33-2523
営業時間9:30~17:00
定休日火曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12月29日~1月3日)
参考サイトhttps://www.city.otaru.lg.jp/docs/2020111300736/
地図

[地図はこちらから]

PVアクセスランキング にほんブログ村
関東周辺の日帰り旅行

コメント

タイトルとURLをコピーしました