江の島で神社巡りと岩屋洞窟まで散策

江の電 江ノ島駅

江ノ電 江ノ島駅

稲村ヶ崎パーク&レールライドを使って、江ノ島や鎌倉の観光をしました。とてもお得で便利な稲村ケ崎パークアンドレールライドについてはこちらで紹介しています。

稲村ヶ崎パーク&レールライドを使って江ノ島と鎌倉散策
ゴールデンウィークの最終日に江ノ島と鎌倉へ行きました。この日は混雑が予想されましたので、少し早めに家を出発し午前8時30分ごろには現地に着きました。第三京浜、横浜新道ともにまだ空いていました。問題はどこにクルマを停めるかです...

稲村ヶ崎駐車場にクルマを停めたあと、稲村ヶ崎駅に行き、江ノ電に乗って江ノ島駅まで行きました。まだ、朝が早かったので、そんなに混雑していなくて助かりました。江ノ島に向かって江ノ島弁天橋を歩きます。

江ノ島が見えてきた

スポンサーリンク

江島神社への参道

こちらは江島神社へ続く参道です。

参道

江ノ島アイランドスパ

江の島への橋を渡ると、すぐに江の島アイランドスパがあります。こちらの別館がありました。

えのすぱ別館

江ノ島アイランドスパ

参道沿いにはお土産屋さんがたくさん並んでいます。

お土産屋さん

まんぷく屋十太

最近、話題になっている、しらす食べ放題の「まんぷく屋十太」がありました。

しらす食べ放題の満腹亭

こちらの記事が参考になります。

江の島にある釜揚げしらすが40分980円で食べ放題の「まんぷく屋十大」のしらす丼はどれぐらいで元が取れる?

2011年に「地元の美味しいものをまんぷくになるまで食べてほしい」という思いから食べ放題を開始。しらす丼3杯で元は取れる!キニナル続きはこちらから

hamarepo.com

まんぷく亭の営業時間

こちらのお店は以前は980円だったと思うのですが、現在は税抜き1,260円となっていました。

価格

江島神社辺津宮

辺津宮が見えてきました。島内にある3つの宮(辺津宮、中津宮、奥津宮)を総称して江島神社と呼んでいます。それぞれの宮には海の守護神である女神が祀られています。辺津宮はその本社で1206年に遷宮したものです。

辺津宮

辺津宮

石段を上るのはかなりきついです。石段を上ったところで後ろを振り返ってみました。

辺津宮

辺津宮

銭洗い

辺津宮の傍らには銭洗いができる場所がありました。小銭を小さな籠の中に入れて洗ってみました。

銭洗い

辺津宮

こちらは江島神社の絵図です。

江島神社絵図

江ノ島エスカー

エスカーの乗り場がありました。エスカレーターなのですが、有料です。江ノ電の一日乗車券のりおりくんを持っていれば割引が効きます。

エスカー乗り場

江ノ島ヨットハーバーの向こう側に稲村ヶ崎が見えます。

マリーナ

江ノ島湘南港ヨットハウスについては、こちらで紹介しています。

江の島・湘南港ヨットハウスで休憩
8月のお盆過ぎ、8月18日金曜日に湘南の江の島へ行きました。江の島の旧市街地にある「食堂のいのうえ」というお店で生シラス定食を食べた後に海の方へ歩いてみると、きれいな建物が見えました。江の島・湘南港ヨットハウスです。2014年6月に...

江島神社中津宮

さらに参道を進むと中津宮がありました。853年に創建、1689年に再建、現在の社殿は1996年に大改造をしました。

中津宮

中津宮の案内

山二つ

さらに進むと山二つという場所があります。江ノ島をちょうど二分する境界になっていることから、山ふたつと言われています。断層に沿って浸食された海食洞が崩落したことで山ふたつが出来たともいわれています。断崖絶壁になっていることが分かります。

山二つ

奥津宮へ続く道

山二つの案内

江島神社奥津宮

さらに進むと、奥津宮がありました。

奥津宮

奥津宮

奥津宮

奥津宮

奥津宮の案内

龍宮

奥津宮の隣には龍宮があります。

龍宮

龍宮の案内

龍宮

岩屋洞窟へ

こちらの道をさらに歩いて行くと、岩屋洞窟があります。

岩屋洞窟へ

奥津宮には亀石というものがあります。

亀石の案内

亀石とイチョウ

力石も置いてありました。300Kgあるそうです。

力石の案内

亀石の案内

こちらが亀石です。石の表面は亀の甲羅のように模様が入っていました。

亀石

奥津の宮のあたりで、また、参道を戻ります。

参道を戻る

こちらは海花亭です。名物さざえのつぼ焼きの旗が気になります。

参道の食堂

【2022/04/02追記】

岩屋洞窟の竜

アド街ック天国の情報です。

岩屋洞窟の奥には「竜」があり、ここで手を叩くと竜がなくようになっているそうです。竜が鳴くことは何も書かれていないので、ほとんどの人はそのまま通り過ぎてしまいますので、裏情報だということでした。

今度、岩屋洞窟に行く機会があったら手を叩いてみようと思います。

【2022/04/13追記】

江の島を丸ごとテーマパークへ

藤沢市は江の島全体をテーマパークと見立てた「休日別荘庭園」を提案しました。シーキャンドルとサムエル•コッキング苑をテーマパークの象徴的存在と捉えて相模湾を望む開放的なロケーションで休日を過ごす別荘庭園を提案しています。

今後の江の島の整備が楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました