藤野やまなみ温泉に行きました

藤野やまなみ温泉

12月4日土曜日に神奈川県相模原市にある、藤野やまなみ温泉に行きました。今回も温泉博士12月号に付いていた温泉手形の対象施設になります。この温泉手形12月15日までしか使用することが出来ないので、がんばってまわらなければいけません。

この藤野やまなみ温泉には昨年の6月頃にも来た(山梨県の「藤野やまなみ温泉」に行った)ことがあります。1年半ぶりということになります。今回が2回目の訪問です。

藤野やまなみ温泉へ

調布インターチェンジから相模湖インターチェンジまで中央自動車道を使いました。朝、渋滞情報を見た時点では調布から八王子までが渋滞していましたが、10時ごろに通過した時点では渋滞が解消されていました。

藤野やまなみ温泉に着いたのは11時ごろです。駐車場は半分くらいが空いていました。駐車場からの眺めもとても良いです。

藤野やまなみ温泉の駐車場からの眺め

丘の上を見上げると、火の見櫓のようなものがあります。

火の見櫓

靴をロッカーに入れて、受付を済ませました。3時間の利用で大人は600円、子どもは300円です。(1日券は大人800円、子ども300円です)

館内には大きな凧が展示されていました。相模原市に合併されたことを記念して作られた凧のようです。

大きな凧

色々なお土産品も並べられています。

藤野やまなみ温泉のお土産品

今回は男性は森の湯、女性は湖の湯が割り当てられていました。

森乃湯の内風呂には源泉掛け流しの浴槽、そして源泉掛け流し・循環ろ過併用の浴槽があります。どちらの浴槽とも加水はまったく実施していないそうです。泉質はナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉です。PHは9.61と表示されていました。源泉は透明に近いですがよく見ると、薄い茶色がかった色をしています。

こちらの源泉掛け流しの浴槽は、ちょっと温度がぬるめで、とても気持ちが良かったです。少しずつ源泉が注がれていて、少しずつオーバーフローしています。

また、ウエットサウナと水風呂もあります。こちらのウエットサウナ、結構、室温は高めで、たくさんの汗をかくことができました。ドライサウナと比較すると肌に優しい感じがするのがグッドポイントです。水風呂は半円形の浴槽になっていて、ちょっと入りにくいのが今ひとつです。浴室は大きいので、もう少し大きめに作ってくれれば良かったのではないかと思います。

露天風呂には源泉掛け流し・循環ろ過併用風呂があります。露天風呂は遠くに山々が見えて、とても眺めが良いところが何と言っても第一のポイントです。

結局、浴槽を順番にまわりながら、1時間半くらい、お風呂に入っていました。

お風呂からあがった後には、食事処でお昼ご飯を食べることにします。メニューは色々なものが準備されていました。

藤野やまなみ温泉の食事処のメニュー

こちらが、マグロの定食です。

マグロ定食

非常にゆっくりと出来て良い温泉施設でした。

コメント

  1. 神奈川県の藤野やまなみ温泉に行きました

     神奈川県相模原市にある藤野やまなみ温泉に行きました。相模原市と聞くと、どうし…