崎陽軒の横浜工場とプチミュージアムショップ

グルメ

先日、IKEA港北に行く機会があったので、10分弱歩いて崎陽軒の横浜工場にも行ってみました。港北インターチェンジを挟んで反対側にあります。

港北インターチェンジは新しい高速道路とも接続されて、以前のインターチェンジ入口が閉鎖されてしまいました。

土曜日はプチミュージアムショップは開いているようでしたが、ゴールデンウイーク 期間中だとどうなっているかわかりません。公式サイトにも案内はなかったので、行くだけ行ってみました。

こちらが崎陽軒の横浜工場になります。

駐車場の一角に直営売店がありますが、それとは別に工場の建物の中にプチミュージアムショップがあります。

工場見学は事前に予約が必要ですが、プチミュージアムショップは予約なしに利用が可能です。

入口には職員さんが立っているので、ミュージアムショップに行く旨を伝えると、靴のままでこちらにどうぞと案内されます。工場見学は土足厳禁のようでした。

ミュージアムショップは温かい焼売や各種のお土産が売られていました。また、列車の座席を模した4人がけのボックスシートが4つあります。

ただ、工場見学で入館時間を待っている人で混み合っていて、ボックスシートに座ることはできませんでした。

プチミュージアムショップのコンセプト自体は良いと思ったのですが、店舗面積が狭いので、外にある直営売店との差別化があまりできていない点が残念でした。

【2020/02/09追記】

2020/02/08放送のアド街で崎陽軒横浜工場がランキングされていました。工場見学は予約が3ヶ月先までいっぱいですが、併設されているショップは予約無しで利用可能だと紹介していました。きっとしばらくの間は混雑するのではないかと思います。

ショップの中にある電車の座席を模したお弁当を食べる席はやはりお客さんでいっぱいでした。もう少し店舗を拡張して、席の数も増やしてくれると本当は嬉しいです。

崎陽軒の横浜工場とプチミュージアムショップの情報

住所〒224-0044
神奈川県横浜市都筑区川向町675番1号
電話番号
営業時間
定休日
公式サイト
地図

[地図はこちらから]

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
関東周辺の日帰り旅行

コメント