湯の森 深大湯の露天風呂からの眺めが最高

シェアする


調布市にある湯の森 深大湯という銭湯に行きました。以前にも行ったことはあるのですが、今回はそれから10年ぶりくらいの訪問になります。

場所は調布保谷線、武蔵境通りの東八道路との交差点(野崎八幡交差点)よりも南側にあります。普段は午後3時からの営業、日曜日のみ午後2時からの営業ということでしたので、日曜日の午後2時を狙って行ってみました。

クルマで行ったのは今回が初めてだったのですが、駐車場も完備していてなかなか使いやすい銭湯です。駐車場は建物の裏手にあります。以前は48台分の駐車スペースを確保していたようですが、現在は32台分になっていました。


もしも、建物の裏手の駐車場がいっぱいでも、少し離れたところに第3駐車場があります。

こちらは建物の一階にある駐輪場です。


ビルの表側に回ってみました。

建物は1階が玄関と下駄箱、二階がオーナーの住居スペース、三階が内風呂、四階が露天風呂という構造になっています。1階から3階に行くのにはエレベーターがありました。近代的なビル銭湯です。3階に行くと受付があります。自動券売機がありますので、サウナと入館のセット券を購入しました。入館料が460円でサウナが200円、トータルで660円です。最近では安めのスーパー銭湯でも同程度の価格のところがありますので銭湯は大変だと思います。受付に入館券を提示すると、サウナに入るためのプラスチックの板をくれました。先端がひっかけられる構造になっており、これをサウナの部屋のドアに引っ掛けて開けます。

週替わりで男女の浴室が入れ替わるようです。脱衣所には100円玉返却式のコインロッカーがあります。貴重品ロッカーは受付のある部屋にありました。

今回はロッキーサウナのある「オアシス」という浴室でした。もう片方の「つきのしずく」には遠赤外線サウナがあります。

ロッキーサウナは6人ほどが入ることができる部屋でテレビも付いています。程よい熱さで、しばらく入っていると汗が噴き出してきました。水打ちされたサウナストーンから出る低温熱気と適度な湿度で発汗を促しているそうです。

そのほか、内風呂にはジェットバス、リラックスバス、薬湯、電気風呂などがありました。お風呂やシャワーの水には肌に優しい軟水が使用されています。ツルツルとしたお湯が体を包み込み、しっとりと気持ちの良い入浴感、硬くなった角質層をほぐす効果、石鹸の泡立ちが良いこと、潤いのある髪、優れた保湿効果などがパンフレットでは宣伝されていました。ただ、私自身は普通のお風呂とそんなに大きな違いを感じることはできませんでした。

洗い場にはシャワーが付いているのですが、壁にくくりつけになっていますので、あまり自由に曲げることができません。体の方をシャワーのお湯の加減に合わせる形になります。また、銭湯ですのでシャンプーやリンス、石鹸は備え付けられていません。フロントでタオルや石鹸、シャンプーリンス、カミソリ、あかすり、ヘアブラシなどがセットになった「手ぶらセット」を260円で購入することができます。

4階の露天風呂にも行ってみました。こちらは高いところにあるので、眺めが良いのが特徴です。天気が良ければ富士山も一望することができます。この日は雲が多かったので、残念ながら富士山を見ることはできませんでした。ただ、開放感があってとても良いと思います。

こちらが公式サイトです。

湯の森 深大湯

湯の森 深大湯の露天風呂からの眺めが最高 の情報

2017年03月16日時点の情報です。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

住所 〒182-0011
東京都調布市深大寺北町6−17−3
電話番号 042–482–4652
営業時間 午後3:00から夜11:00まで (日曜日は午後2時から) 
定休日 毎週木曜および第三水曜日  (第三水曜日が休みの場合連休)
HPアドレス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク