壬生町おもちゃ博物館に行きました

シェアする

壬生町おもちゃ博物館

ハイウェイパークにクルマを停めたあと、とちぎわんぱく公園にいった際に、おもちゃ博物館に寄って見ました。

ハイウェイオアシス壬生に行きました

ハイウェイパークの観光案内所でパンフレットを見ているとこのおもちゃ博物館には大きな鉄道模型のジオラマがあるようで、お金を払うと運転をさせてもらうことができるようです。これを目当てにして行きました。朝9時30分から開館でちょうどその時間に着きました。お客さんはほとんどいません。

入口から入ったところに「ヤッターワン」がありました。

ヤッターワン

ヤッターワン

ヤッターワンの案内板

おもちゃ博物館の案内図もありました。

おもちゃ博物館の案内図

自動券売機で入場券を買って入場しようとしたところで横を見たところ長机の前に人が2人並んでいました。こちらが鉄道模型のレイアウトを使う人が予約をする場所のようです。

NゲージとHOゲージの二種類から選ぶことが出来て、かつ車両を持ち込むか借りるかを選ぶことが出来ます。今回は車両つきでNゲージのレイアウトを50分間借りました。


最初の予約は10時からになります。まだ10時になるまでには時間がありますが、別館の二階にある鉄道模型の部屋まで行きました。10時になる前に準備が整えば運転をさせてもらうことができるようです。

こちらの部屋には大小いろいろなレイアウトが準備されていました。HOゲージ、Nゲージのレイアウトがあります。

こちらがHOゲージのレイアウトです。

HOゲージのレイアウト

HOゲージのレイアウト

こちらはNゲージのレイアウトです。

Nゲージのレイアウト

こちらは、NゲージとHOゲージ、そしてOゲージの比較になります。

NゲージとHOゲージとOゲージの比較

鉄道模型

最初に子どもがどの車両で運転するのかを選んで、その車両をレールの上に並べます。車両はこんな感じのパッケージに入っています。

鉄道模型の車両

そして、パワーパックを使って運転を始めました。なかなか楽しそうです。途中で車両の交換にも応じてもらえたようで、こどもは大喜びでした。

パワーパック

別館の1階では鉄道模型の運転会も行われていました。

運転会の看板

運転会のレイアウト

本館の二階にはいろいろなものが展示されています。

おもちゃ博物館の展示

黒髭危機一髪

こちらは、がんばれロボコンです。

がんばれロボコン

エポック社の野球板もあります。

エポック社の野球板

こちらは、ミニカーです。

ミニカー

プラレールもあります。

プラレール

3階は展望室になっています。

展望室からの眺め

20110508 181.JPG

壬生町おもちゃ博物館
大きな公園の中の「遊べる」博物館
周辺の情報はこちらからどうぞ。
周辺の情報はこちらのキーワードからどうぞ


壬生町おもちゃ博物館に行きました の情報

2011年06月16日時点の情報です。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

住所〒321-0211
栃木県下都賀郡壬生町国谷2300
電話番号
営業時間
定休日
HPアドレス

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク