十和田八幡平国立公園の玉川温泉に行きました(駐車場の解説)

十和田八幡平国立公園の玉川温泉

東北自動車道の松尾八幡平インターチェンジから八幡平アスピーテラインを走り、八幡平を越えて、秋田県側の玉川温泉まで行ってきました。

カーナビで松尾八幡平インターチェンジから玉川温泉までの経路選択をしても、このルートは選択されなかったため、道路標識を頼りにして向かいました。(カーナビではどうしても、国道341号線を走るルートを選択されてしまいます。


途中、一箇所だけ八幡平に行く道を間違えてしまいましたが、方向が違っていたため途中でおかしいことに気がつき、その後、無事に八幡平まで向かうことが出来ました。

実は前回来たときは、玉川温泉の駐車場に向かうクルマが列を作ってしまっていて、行くことが出来なかったので、今回は事前に駐車場の場所を入念に調べておきました。玉川温泉の近くにある駐車場は宿泊者へ優先に割り当てているようで、日帰り入浴の場合は、少し離れたところにある駐車場に停めた方が良さそうです。

国道341号線から玉川温泉に行く道は少し通り過ぎてそのまま田沢湖の方へと歩いていき、1Kmほど先の新玉川温泉に行く道で曲がります。そして、大きな橋を渡って左手に行くと、すぐに大きな駐車場があります。

新玉川温泉近くの駐車場

 この駐車場から階段を上がったところにはビジターセンターがあり、北投石などの展示があります。

ビジターセンターへと続く階段

こちらにクルマを停めて10分ほど歩くと、玉川温泉まで行くことが出来ます。こんな感じの遊歩道を歩いていきます。

玉川温泉に向かう遊歩道

川沿いの道を見下ろすと、クルマがたくさん停められていました。

玉川温泉下の川沿いの道

やがて、玉川温泉の建物が見えてきました。

玉川温泉の建物

川は白く濁っています。かなり、硫黄の匂いもします。

玉川温泉を流れる川

そして、建物の配置図もありました。

玉川温泉の建物の配置図

こちらは、玉川温泉の食堂です。

玉川温泉の食堂

 

コメント