草津温泉のホテル一井でランチと日帰り温泉を楽しみました(ランチ編)

草津温泉のホテル一井

楽天トラベルでデイユースのプランを調べていた際に、草津温泉のホテル一井という老舗のホテルで、ランチと日帰り温泉で2000円弱というお得なプランが掲載されていました。ランチは、いくつかのメニューから選ぶことができるようになっています。この値段なので、部屋を利用することはできません。楽天スーパーポイントも余っていたので、この機会に使っておくことにしました。


練馬インターチェンジから渋川伊香保インターチェンジまで関越自動車道を利用しましたが、渋滞にあうこともなく順調に草津まで行くことが出来ました。途中で休憩などもとりながら3時間弱で到着です。

ホテル一井の駐車場に行くためには、いったん湯畑に出る形になります。湯畑の周りを1/4周して、セブンイレブンの角のさらに一つ手前で狭い一方通行の道に入り、ホテル一井の裏手に回り込みます。そして、玄関の前に停めれば、係りの人がクルマを預かってくれます。駐車場の利用料は500円の別会計になります。

ちょうど、11時30分でしたので、そのまま昼食の会場に向かいました。ダイニングさくら というところで、2階の湯畑に面している場所にあります。クルマを預けた入口は3階でしたので、一つ階を降りる形になります。

エレベータからおりると、ダイニングさくらは目と鼻の先でした。

ダイニングさくらの入口

ダイニングさくらのランチメニュー

入口から中に入り、予約であることと名前を告げると、すぐに席まで案内してくれました。ダイニングさくらには、湯畑に面した特等席が2つあるのですが、そのうちの一つへ案内してもらうことが出来ました。予約をしていると、優先して良い席に割り当てて貰うことが出来るようです。

ダイニングさくらのテーブル

ダイニングの中は白で統一されています。ダイニングさくらに入るまでは、和風な雰囲気で統一されていたので、こちらに来るとまるで別の建物の中に来たような感じすらします。

席からはこんな感じで湯畑が見えます。

ダイニングさくらから見た湯畑

ランチメニューはこちらです。

ホテル一井のランチメニュー

トンテキを食べることにしました。15分ほど待っていると、料理が運ばれてきました。

ホテル一井のトンテキ

トンテキのアップ

このトンテキ、使っている豚肉が良い肉だからだと思うのですが、適度な歯ごたえとお肉の美味しい味が染みこんでいます。おすすめのメニューです。

こちらは、十六雑穀米のハンバーグです。

十六雑穀米のハンバーグ

こちらはセットになっているライスです。

セットのライス

ランチを食べたあと、まだ時間は12時過ぎです。ホテル一井の日帰り入浴は14時からになりますので、西の河原露天風呂に行ってみることにしました。ダイニングさくらを出るときに諸々の精算をして、日帰り温泉の入浴券を貰います。

こちらでは、なぜか600円請求されました。駐車場代が500円と言っていたのですが、どうも残りの100円については間違えて徴収されてしまったようです。楽天市場で事前に予約をすると、1950円、2人で3900円なので、これを全額、楽天スーパーポイントで決済をしておいたのですが、当日、現地で食事をしたときの料金2000円x2=4000円と勘違いして差額の100円も合わせて徴収されてしまったみたいです。

エントリーが長くなってきましたので、日帰り温泉の記事は、次のエントリーで整理します。

コメント