ららぽーと柏の葉でショッピング

旅行

ららぽーと柏の葉

極楽湯の柏店に行ったあと、ららぽーと柏の葉にも寄ってみました。つくばエクスプレスの「柏の葉キャンパス駅」からすぐのところにあります。ららぽーとは、アーバンドック豊洲や船橋にはいったことがありましたが、柏の葉に行くのは今回が初めてです。

「柏の葉」という名前自体が面白い地名なので、どんな由来なのか調べてみました。すると、こちらのエリアは柏通信所が昔あったところで、そこを土地区画整理事業で開発されたそうです。この柏の葉の区域には柏の葉公園、東京大学、千葉大学、税関研修所、柏の葉高校、科学警察研究所など色々な施設や機関が集まっています。

「柏の葉」という名前は、柏の木が厳しい冬を越えて新芽が出るまでの間、前の葉が落ちずにい続けることに因み「柏の葉公園」が先行して整備され、あとからこの地区の名前としても利用されるようになったそうです。

今回は1月5日の土曜日に行ったのですが、この日は大規模リニューアル前の売り尽くしセールが開催されていました。1月1日から11日まで開催されているようです。


駐車場は立体駐車場になっており、入り口から入ったあと、順次上に上りながら空いているフロアーを探す形になります。こちらの駐車場、全部で2400台分の駐車スペースがあります。今回は二階に空きの表示が出ていましたので、こちらにクルマを停めました。ただ、あとから気がついたのですが、駐車場の二階と店舗の二階はつながっていません。一つ、フロアーを上がると、店舗の二階への連絡通路があります。移動が面倒なので、二階の駐車場は空いていたのかもしれません。

二階の駐車場

駐車場は最初の二時間が無料、1000円以上の買い物で3時間まで無料になります。

2階のフロアーからまずは見てまわりました。こちらはファッション関係のお店や雑貨、家具などのお店が多いです。大きな本屋もありました。なんだか、色々なお店で、「閉店セール」を実施していました。こんなにたくさんのお店が一斉に閉店してしまうとどうなるのか、少し不安にもなりますが、リニューアル工事が予定されているようなので、リニューアル後にはまた装いも新たにオープンするのでしょう。ユニクロもありました。

次に3階のフロアーを見てみます。こちらには子ども関係のお店が多いようです。500円を払うと、プラレールで一日遊び放題になるコーナーなどといったものもありました。

1階は100円ショップのダイソーなど、親しみのあるお店もあります。

こちらの「ららぽーと」、外から見ると、そんなに大きい建物のようには見えなかったのですが、店内を歩いてみると、結構広くてたくさんのお店がありました。延べ床面積を調べてみると、ららぽーと豊洲よりは少し小さいものの、ららぽーと新三郷よりは広いようです。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
関東周辺の日帰り旅行

コメント