横浜元町公園のエリスマン邸を見学

エリスマン邸のカフェ

山手本通りを歩いて行くとやがて元町公園が見えてきました。この中にはエリスマン邸があります。

エリスマン邸

昭和57年にマンションを建築するために解体されてしまったのですが、平成2年に現在の元町公園内で復元されました。

べーリック・ホールと小道を挟んで移築されているのはエリスマン邸です。

こちらの邸宅は、生糸貿易商社のシーベルヘグナー商会の横浜支配人として活躍したスイス生まれのフリッツ エリスマン氏の邸宅として、1925年から1926年にかけて建てられました。設計は建築家のアントニン・レーモンド氏が行いました。

エリスマン邸

エリスマン邸の中では喫茶店も営業しています。こちらが喫茶店のメニューです。

メニュー

こちらはエリスマン邸の開館時間です。

開館時間

館内にもエリスマン邸の説明がありました。

エリスマン邸の看板

エリスマン邸について

エリスマン

一階には大きな暖炉のある応接室、居間兼食堂、サンルームなどがあります。

応接室

サンルームからの眺め

サンルーム

サンルーム案内

応接室

応接室案内

以前は三つの寝室があった二階は一つの大部屋になっていて、いろいろな資料が展示されていました。

廊下

こちらはバスルームです。

バスルーム

主寝室

主寝室案内

資料の中には横浜の昔の写真が展示されていました。こちらは大正の麦田トンネルです。この頃は市電が使っていましたが、市電が廃止された後は、道路の下り線用になっているそうです。

大正の麦田トンネル

作りがとても豪華といったことはないのですが、とても暮らしやすそうな家でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました