武蔵関公園を散策

旅行

西武新宿線の武蔵関駅周辺は行ったことがありません。近くをクルマで通りかかった際、駅前にあるアイスアリーナ裏手の大きなコインパーキングにクルマを停めて、武蔵関駅周辺を歩いてみました。

アイスアリーナ裏手の駐車場は駅近くにもかかわらず、料金がとても安いのが特徴で、60分で200円です。

また、駅前のコープみらい、マクドナルドなどが入っている建物の地下駐車場も30分で100円でした。

近くの武蔵関公園に行ってみました。昔は「関の溜め池」と呼ばれる池がありましたが、大正時代に地元の人が遊具やボート場を整備して若宮遊園としました。昭和13年には東京市立の武蔵関公園となり昭和50年に練馬区へ移管されました。

 

こちらが武蔵関公園の案内図です。区立公園としては有数の大きさで武蔵野の面影を残していることが特徴です。以前は三宝寺池や井之頭池などと同じように武蔵野台地特有の自然湧水による池でしたが、近年の都市化による影響で湧水に頼ることができなくなったため、石神井川の水を一時的に溜めて洪水を防止する遊水池として活用されています。

また、池で釣りをすることは禁止されています。

園内にはボート場があります。高校生から64歳まで30分あたり200円です。

園路は池を一周するように張り巡らされています。

意外と池が大きいことには驚きました。

 

武蔵関公園を散策の情報

住所〒〒177-0051
東京都練馬区関町北3丁目45−1
電話番号
営業時間
定休日
公式サイト武蔵関公園:練馬区公式ホームページ
地図

[地図はこちらから]

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
関東周辺の日帰り旅行

コメント