諏訪湖の間欠泉

足湯にのんびりとつかっていると、午前11時の間欠泉が噴き出す時間が近づいてきました。足湯から出て、間欠泉センター前にある吹き出し口の横まで行きました。

外がとても寒かったので、センターの建物の中に入ってみました。どうも、二階や三階からも見物することが出来るようです。

三階に行ってみました。こちらのフロアーでは諏訪湖で実施される花火を記念した展示が行われています。諏訪湖側の展望コーナーに行くと、なんだか窓ガラスが曇っていて今ひとつくっきりとは見えません。

そこで、二階に行ってみました。こちらは座るための椅子も置いてあってガラスも綺麗です。

今回は二階から見物することにしました。建物の中は暖かくてありがたいです。

最初はポコポコとお湯が出ていました。

やがて噴き出す量が増えてきます。

そのあと、数メートルの高さまで上がりました。周りは水蒸気でいっぱいです。

また、チョロチョロとした量になって、エンディングを迎えます。できれば、自然に噴出していたときの映像も見てみたいと思います。

【2020/08/21追記】

間欠泉センターの二階は諏訪エリアでロケされた映画を紹介するコーナーがオープンしています。私の好きな、「いま、会いにゆきます」の紹介をするコーナーもありました。映画の中で出てきた廃工場は今はありませんが、そこにあった貴重な品物の展示もあります。間欠泉センターの二階にこんな展示があるのかと驚きました。こちらで紹介しています。

間欠泉センターの二階は諏訪湖周辺でロケをした作品の紹介コーナー
諏訪湖ほとりの間欠泉センターで二階に行ってみると、諏訪湖周辺でロケされたドラマや映画などが紹介されていました。かなり広いスペースを割いて紹介されているので見応えがあります。パンフレットが置いてあったので手に取って見ると、バースデーカード...

コメント

タイトルとURLをコピーしました