秩父市のホテル美やまに宿泊

旅行

今年のお盆は秩父市のホテル美やまに宿泊しました。横瀬川沿いに位置していて、大通りからは路地に入っていったところにあるので、少しわかりにくい場所になります。ホンダのカーナビではホテルの手前で曲がって橋を渡れと指示されたのですが、従わずに真っ直ぐに行ったらホテル駐車場への入り口がありました。

ホテル美やま

ホテルにはチェックイン開始時間の午後3時少し過ぎに到着しました。玄関前の駐車エリアにまだ空きがありました。

ホテルに到着したらアルコール消毒後にロビーに案内されて、お茶を飲みながらのチェックインでした。ここで検温もあります。玄関ロビーは3階です。

スポンサーリンク

映画上映

午後7時半からは「海獣の子ども」という映画が上映されます。

部屋

今回は楽天トラベルの楽天DEAL対象プランでお得だったのですが、部屋は思ったよりも広くて眺めも良かったです。ツインの部屋になります。

すぐ下に川が流れています。河原では地元の子どもたちでしょうか、まるで「あの花」のように遊んでいました。

室内にもWi-Fiの電波が来ています。チェックインしたばかりのときには問題なくWi-Fiに接続できたのですが、夕食後はWi-Fiに接続できなくなりました。アクセスポイントに接続できる端末の数がオーバーしているのだと思います。

お風呂

お風呂は一階にあります。大浴場は温泉の浴槽と水風呂、そしてドライサウナがありました。新型コロナウイルスの影響でサウナは休止しているところが多いですが、こちらはしっかりと営業していました。水風呂はちょっと生ぬるい感じでもう少しシャキッとした冷たさがあれば最高でした。サウナは3人程度が入れる二段式のサウナです。かなり熱いです。露天風呂は大浴場と同じ一階ですが、大浴場とは少し離れた場所にあります。従って裸のままでは移動できません。夕方までは貸し切り専用風呂になっています。夜は男湯と女湯に分かれての営業です。

夕ご飯

夕ご飯は4階の宴会場です。

こちらが献立表です。

玉子豆腐美味出汁掛けになります。

最初に配膳されていた様子です。

お造りは3種盛りです。

トウモロコシの冷製スープです。

夏野菜の冷たい煮物です。

こちらは鮎の釜飯です。

和牛陶板焼きです。お肉は柔らかくて本当に美味しかったです。

こちらのタレにつけて食べます。

鮎の塩焼きです。焼きたてを持ってきてくれました。

埼玉県三芳町産のスプラウトにんにくとハタハタの揚げ物です。

トウモロコシの冷製スープはトウモロコシの味がギュッと詰まっています。

鮎の釜飯が出来上がりました。

鮎の出しが行き渡って美味しい釜飯です。初めて食べました。お吸い物です。

最後にデザートです。

グレープフルーツのコンポートと白ワインゼリーがけ小倉抹茶ソースです。ご馳走ばかりでお腹いっぱいです。

かき氷のサービス

3階のロビーで8時からかき氷のサービスがありました。

こちらはブルーハワイです。

このかき氷、秩父の天然氷を使っているのでしょうか?、とってもサラサラとした感じで、滑らかな食感の美味しいかき氷でした。

朝ごはん

朝ごはんは3階のロビーフロアにある会場でのバイキングです。朝ごはんなのに種類がとても多いのには驚きました。

トングは使い回しが発生しないようにたくさん準備されていました。

生野菜サラダです。ドレッシングもかかっていました。

焼き魚、卵焼き、コンニャクなどです。

しらすおろしです。

温泉卵です。

素麺に冷や汁をかけて食べます。

洋風なスクランブルエッグ、ベーコン、ウインナーです。

飲み物はミルク、オレンジジュース、コーヒーなどがありました。

一泊してみましたが、とても落ち着く良いホテルでした。秩父観光をするときは、また利用を考えたいと思います。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
関東周辺の日帰り旅行

コメント