山梨県都留市にあるリニア見学センターに行きました

旅行

リニアモーターカー

シルバーウイークの最終日に山梨県都留市にあるリニア見学センターまで行ってみました。朝起きた時点で渋滞情報を確認してみると中央自動車道は全く渋滞していないようです。シルバーウイーク最終日は遠くから帰ってくるか、もしくはあまり遠出をしないでのんびりしようという人が多いためでしょうか。

中央自動車道が空いているのであれば、調布から大月まで中央自動車道で行くことにしました。朝8時少し前に自宅を出たのですが、リニア見学センターには午前9時過ぎには着いてしまいました。確かに中央道は空いていて、渋滞箇所は一カ所もありませんでした。大月インターチェンジから国道20号、国道139号、そして大原橋東の信号で右折というルートになります。インターチェンジから見学センターまではクルマで15分ほどでした。


駐車場は当然完備されていて入館料も無料です。朝は9時から開館していますので、ほぼ一番乗りになりました。9時30分頃になると大型観光バスが何台か着いて、センターの中が混み始めました。休日はリニアモーターカーの走行実験は行われていません。実験日についてはセンターの公式サイトで確認しておくと良いと思います。(山梨県/山梨県立リニア見学センター

見学センターは3階建てになっています。1階は売店と事務室、2階は展示室、3階は展望室という構成になっています。

リニア見学センターの外観

下の写真は駐車場から見学センターに向かって歩いているときに撮影した写真です。左側にあるのがリニアモーターカー模擬車両で、車内ではリニアモーターカーに関する映像を見ることが出来ます。

リニア見学センター

模擬車両の中は新幹線のような座席が8席、あとは小さな椅子がいくつか置かれています。そして、ここでは3分間の映像を見ることが出来ます。

模擬車両内の映像

3階の展望室からはリニア実験線をよく見渡すことが出来ます。上の写真では茶色い橋が見えますが、これはリニア実験線が中央自動車道をまたがっているところです。中央道の大月・河口湖間を走っていると、この橋が見えますので、知っている方も多いのではないでしょうか。

リニア実験線
リニア実験線

また、3階にはリニアモーターカーの模型も展示されています。

リニアモーターカーの模型

そして、2階の展示室では、リニア実験線の全線のジオラマやリニアモーターカーがどうやって走るのかを解説するパネルの展示などがあります。

リニア実験線のジオラマ

超伝導コイル

2階展示室の映像

1階の売店にはリニアモーターカーに関するグッズがたくさん売られていました。4500円のネクタイピンが期間限定特価の1000円で売られていました。少し微妙な感じです。

1000円のリニアネクタイピン

【2009/10/13追記】

今日の報道でJR東海の事業計画が紹介されていました。これによると、リニア新幹線では東京と大阪の間は最短で67分間で結ばれることになるそうです。こんなに早かったら、もはや、東京と大阪の間の移動では飛行機という選択肢はなくなるでしょう。事業費は8兆4400億円です。しかし気になる開業時期は2045年を目処にする発表にとどまっています。あと30年以上先です。すでにリニア実験線が出来ていて有人の実験まで行われているのに、何故開業までに30年以上もかかるのでしょう?

 

山梨県立リニア見学センター
山梨県都留市にある、山梨県立リニア見学センターのサイトです。アクセス、最新情報、リニアについて紹介しています。

【2019/08/12追記】

先日、都留に行った際に、道の駅つるという施設を見つけました。

山梨県の道の駅「つる」で休憩
吉田うどんを食べた後、道の駅「つる」の看板を見つけたので、行ってみました。中央リニア新幹線のセンターに行く道の途中にありました。以前は無かったと思いますので、新しい施設だと思います。

リニア新幹線の近くになります。一緒に寄ってみてはいかがでしょうか。

山梨県都留市にあるリニア見学センターに行きましたの情報

住所〒402-0006
山梨県都留市小形山2381
電話番号
営業時間
定休日
公式サイト
地図

[地図はこちらから]

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
関東周辺の日帰り旅行

コメント