川崎の東芝科学館に行きました

川崎の東芝科学館

川崎市にある東芝科学館というところに行って来ました。国道一号線から少し道に入ったところに入口があります。この入口は工場や研究所の入口と一緒になっていますので、入口から入ったところで、係の人から「科学館ですか?」と声をかけられました。「そうです」と答えると大人の分だけ胸に付けるバッジをわたしてくれました。

クルマを駐車するスペースはいろいろなところにありますが科学館来場者用のスペースは場所が決まっています。入口から入ってずっと右手側に入って行ったところに科学館がありますので、その向かい側が駐車スベースです。

東芝科学館は朝の9時から開館しています。今回は、現地に9時半頃に着きました。まだ時間が早かったので駐車場にはクルマがとまっていませんでした。館内に行ってみると、やはり、まだ時間が早いので、こちらもガラガラです。10時を過ぎたあたりから、家族連れや学生の修学旅行などの団体が増えて来ました。いろいろな体験スペースがありますが朝一番に回ってしまうと効率的に体験できると思います。


一階のロビーには大きな球体の映像照射装置があり、通常は地球の映像が映写されています。

東芝科学館のロビーにある地球儀

そして、ボタンを押すといくつかの映像番組をを見ることが出来ます。そこから左手方向に行くと、原子力などエネルギーの展示エリアになります。こちらの中では特に静電気の体験装置に人気が集まっていました。こちらの部屋は鍵がかかっていますので、係の人に声をかけて体験する形になります。静電気の発生装置に片手で触れながら二人で手をつないで並びます。そして静電気発生装置を動作させると、思いっきり髪の毛が逆立って、周りで見ている人から笑い声が聞こえて来るという感じになっています。ほかにリニアモーターカーの模型や水中を動き回るロボットの模型などがありました。

2階に行ってみると、デジタル映像コーナー、ロボットコーナー、デジタルワールド、ミニシアター、デジタル家電の部屋などがあります。

フラッシュモーション

こちらは、緑の背景の前で動作をすると、それをとらえたカメラの映像がアニメーションの世界で合成されてモニターに映し出される仕組みになっています。

動作捕獲術SHADOW

動作捕獲術shadowのモニター

ミニシアターでは海の魚をテーマにした3D映像の紹介をしていました。ちょっとプロジェクターの施設は古そうだったのであまり期待はしないで見始めたのですが、意外と立体効果がうまく出ていて、面白かったです。

3階は創業者の部屋、東芝一号機ものがたり、あかりの部屋、半導体コーナー、医用コーナーがあります。特に東芝一号機ものがたりは面白いです。昔の家電製品、たとえば電気洗濯機、白黒テレビ、カラーテレビ、蓄音機などいろいろなものが展示されています。

電気洗濯機

レコードプレーヤー

白黒テレビ

この中でも、日本語ワードプロセッサは見応えがありました。JW-10というワープロなのですが、何と大きさが事務机一つ分です。こんなに大きなものがワープロの一号機だったとは驚きました。

日本語ワードプロセッサJW-10

このワープロの横には何かテレビが放送されています。なんのテレビ番組かと思ったら、NHKのプロジェクトXでした。東芝の日本語ワードプロセッサ1号機を作ったときの苦労を綴った物語です。研究所の森健一さんが毎日新聞社の記者に懇願されてワープロの開発に着手した話し、ワープロの試作器を記者に見せたときにだめ出しをされて研究所の所長にワープロ開発を本格的に実施したいことを直接申し出た件、メンバーを2人集めて何とかプロジェクトを発足した話し、辞書の開発、変換ソフトウエアの開発、変換スピードの改善など、いろいろな苦労話が出てきます。

また、東芝青梅工場の工場長がワープロ開発の話しを聞きつけて、事業部長に内緒でハードウエア面の開発を引き受けた話し、事業部長が後から聞きつけて激怒し1ヶ月という短期間で実際にテストをして見せてみろと指示した話し、そして無事にテストでその有用性を証明して事業部長の了解を取り付けた話しと続いていきます。結局、立ちながら、プロジェクトXを最後まで見てしまいました。子どもは二階で工作教室をやっていたので時間つぶしをする目的もありましたが、なかなか面白い番組でした。せっかくなので、もう少し落ち着いて見られるように椅子などを準備したコーナーを設けると良いのではないかと思いました。

私自身、ワープロにはじめて触れたのは一太郎Ver3でした。PC-9801で動作していました。この頃からATOKは意外と頭が良かったのですが、このような日本語FEPの開発の中で変換の改善が著しく行われていったと思っていたのですが、実は初期のJW-10で、変換結果を学習する機能などが実装されていたということにとても驚きました。初期のワープロは単漢字変換程度しか出来ないものだと思っていました。

この東芝科学館、いろいろと見応えがあって、とても面白かったです。

東芝未来科学館:トップ
東芝未来科学館では、未来社会を創造する当社の最先端技術の方向性を多岐にわたってご紹介いたします。最新の技術成果を、社会生活との関わりや技術者のロマンで、わかりやすく紹介します。また、川崎市の産業観光としてのご案内や、社会科見学、修学旅行などの総合学習の場としてもご紹介いたしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました