日中線記念館に行きました

シェアする

日中線記念館

喜多方から熱塩という駅まで、昔、日中線という列車が走っていました。まだ、蒸気機関車が走っている時に、こちらには来たことがあります。

こちらの日中線が廃止されたあと、終点の熱塩駅は日中線記念館としてオープンしました。こちらの日中線記念館にも、一回だけ来たことがあります。今回は熱塩温泉に来る機会がありましたので、もう一回、日中線記念館に寄って見ることにしました。

カーナビで目的地として、日中線記念館を探して見ましたが、残念ながら50音検索でヒットしませんでした。そこで、すぐ熱塩駅の近くにある熱塩温泉郵便局を目的地にして、現地に向かいました。

記念館の前にクルマを数台停めることが出来るスペースがあります。すでに、2組ほどのお客さんが来ていました。

こちらの日中線は喜多方駅とこちらの熱塩駅を結んでいた旧国鉄の路線です。1984年に廃止されてしまいました。こちらの路線が開業した当初は1日6往復の列車が走っていましたが、1948年からは朝1往復、夕方1往復、夜1往復の3往復のみの運転となりました。

廃止されるまでこの3往復で運転が行われていました。開業時は熱塩駅のターンテーブルで蒸気機関車の方向を変えていましたが、このターンテーブルは途中で利用されることが無くなり、蒸気機関車は片道はバックで運転が行われていました。この頃に1回、こちらの日中線には来たことがあります。

こちらは熱塩駅のジオラマです。列車はこちらの駅に着いたあと、機関車は切り離しが行われて、側線を使って車両の反対側に回送され連結されていました。

熱塩駅のジオラマ

こちらは熱塩駅の待合室です。

駅の待合室

お知らせもそのまま掲示されていました。

国鉄からのお知らせ

大きな柱時計です。

大きな柱時計

展示品

展示品

会津加納駅


こちらは線路があった方向です。

喜多方方面

駅周辺

ラッセル車と客車が展示されています。

ラッセル車と客車

こちらは改札口です。

熱塩駅の改札口

コーヒーのサービスがありました。

コーヒーのサービス

無人販売で訪問記念切符が売られています。1枚100円です。

訪問記念切符

訪問記念切符

駅内放送と発車ベルで車掌さんごっこが出来ます。(駅員さんごっこのような気もします)

案内放送

発車ベル

旧国鉄日中線 熱塩駅(日中線記念館)|近代化産業遺産|見る・感じる|喜多方観光物産協会
周辺の情報はこちらからどうぞ。
周辺の情報はこちらのキーワードからどうぞ


日中線記念館に行きました の情報

2013年01月10日時点の情報です。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

住所
喜多方市熱塩加納町熱塩
電話番号
営業時間
定休日
HPアドレス

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク