山北駅周辺のお花見と「さくらの湯」で日帰り温泉

20131221-135153.jpg

温泉博士の1月号を使って、神奈川県の山北町にある健康福祉センター さくらの湯に行きました。御殿場線の山北駅からすぐのところにあります。

駐車場は建物の奥の方に広いところがありました。

20131221-144326.jpg

こちらが、さくらの湯の建物です。

20131221-144427.jpg

スポンサーリンク

ともしびショップさくら

入り口から入ったところに、軽食を食べることができるエリアがあります。

20131221-144541.jpg

20131221-144624.jpg

天ぷら蕎麦

値段もリーズナブルです。少しお腹も空いていたので、天ぷらそばで腹ごしらえをしました。

20131221-144749.jpg

天ぷらも大きくて、蕎麦のボリュームも多かったです。こちらが飲食エリアです。

20131221-144836.jpg

さくらの湯

蕎麦を食べたあと、3階にある「さくらの湯」に行きました。

20131221-145025.jpg

受付で温泉手形を提示して、お風呂へと向かいました。下足入れ、脱衣所のロッカーともに100円玉返却式のロッカーです。

20131221-145206.jpg

お風呂の方は内風呂に大きめの浴槽が一つ、掛け湯、ドライサウナ、水風呂、洗い場があります。お湯は無色透明で特にヌルヌル感などはありませんでした。

お風呂からあがったあとは、同じフロアにある休憩室に行きました。こちらは広間になっていて、テーブルや座布団があります。また、椅子も設置されていました。

20131221-164917.jpg

 

【2021/02/23追記】

山北鉄道公園

JR御殿場線山北駅から徒歩2分の山北鉄道公園には最強の蒸気機関車と言われたD52型蒸気機関車が動態保存されていて月に一度の整備運行ではその勇姿を見ることができます。

今度、山北駅に行ったときには山北鉄道公園にも寄ってみます。

【2021年4月29日追記】

山北鉄道公園に立ち寄ってみました。1970年7月に開園した公園です。

山北鉄道公園

D52型蒸気機関車が展示されています。

D52型蒸気機関車

2016年10月にD52奇跡の復活として動態化されています。

ボイラー復元による石炭の燃焼はできませんが、大型コンプレッサーを2機搭載していて少しだけ動かすことができるそうです。

ただ、山北町のホームページを見ると、令和2年2月25日の運行以降は動かされていないようです。

D5270号ごあいさつ

蒸気機関車を走らせる力について解説があります。

蒸気機関車を走らせる力

構造の解説です。

D52内部の解説

山北駅の周り、線路の両側には約130本ものソメイヨシノが植えられていて、まるで桜の花のトンネルのようになるそうです。電車が桜の花の下を通過する光景を撮影するならば、駅の周辺にある三つの橋の上から撮影するのがお勧めだそうです。

4月初旬には山北駅周辺や鉄道公園で「やまきた桜まつり」も開催されて、また期間中には桜のライトアップも行われるそうです。

【2022/04/02追記】

山北駅周辺でお花見

山北駅にお花見に行きました。こちらが御殿場線の山北駅です。

御殿場線 山北駅

駅前にはバスが停まっていました。

山北駅前のバス

駅前にはレトロな建物の美容室がありました。

レトロなお店

駅前には商店街があります。

商店街 山北駅

少し歩くと線路の両側に桜並木があり、桜の花のトンネルができています。

山北駅周辺の桜並木

御殿場線の電車も走っていました。

御殿場線と桜の花 山北駅周辺の桜

素晴らしい桜並木でとても綺麗でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました