巾着田の曼珠沙華を鑑賞

旅行


秩父から東京へ国道299号線を使って帰る途中、曼珠沙華の看板を見つけたので、そちらの方向に走ってみました。

高麗川が大きく湾曲している巾着田というところで曼珠沙華の花が咲いているようです。昭和40年代後半に巾着田の用地を当時の日高町が取得して藪や竹林、あしに覆われた現地を整地して現在の姿になりました。秋の彼岸には全部で約500万本もの彼岸花が咲きます。


案内板に従って走っていると駐車場に着きました。一台500円と意外と高めです。


まだ、曼珠沙華は1分咲きということもあって、駐車場はそんなに混雑していませんでした。


こちらが公園の入園口です。


曼珠沙華線香を売っているようです。


曼珠沙華公園の入口です。1人300円がいるようですが、私たちが行った時にはまだ徴収していませんでした。調べてみると、入場料を徴収するのは2015年は9月13日から10月14日の午前7時から午後5時までになるそうです。


露店がたくさんありますが、まだほとんど営業していません。

  
1分咲きという通り、ところどころで咲いている感じです。


日の当たらない少し寒いエリアは花が多めに咲いていました。



川遊びもできます。


こちらはドレミファ橋です。渡って歩いていくと宮沢湖に行くことができます。

  
こちらでも、曼珠沙華が咲いています。

  


曼珠沙華
この辺はたくさん咲いていました。


  

【2020/08/21追記】

巾着田にはキャンプ場も併設されているようです。夏休みなどなバーベキューシーズンは駐車場がとても混雑する人気スポットだと紹介されていました。キャンプ場として開放されているのは西側の川沿いです。食材や薪などは持ち込むことができます。逆に有料のキャンプ場のような食材セットなどの販売もしていますが、こちらでは行われていません。

台風などによる増水のために危険であるため、宿泊キャンプは禁止されています。

日高市・曼珠沙華の里「巾着田」公式ホームページ
秋に咲く曼珠沙華の群生が日本一の「巾着田...

新型コロナウイルスの影響で2020年度は曼珠沙華まつりが中止されることも決まっています。

巾着田の曼珠沙華を鑑賞の情報

住所〒350-1251
埼玉県日高市大字高麗本郷125−2
電話番号
営業時間
定休日
公式サイト
地図

[地図はこちらから]

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
関東周辺の日帰り旅行

コメント