山梨県の「奥山温泉」に行きました

山梨県の「奥山温泉」

 山梨県北杜市の「むかわの湯」に行ったあと、同じく温泉博士の中で紹介されていた、南部町の奥山温泉まで足をのばしてみました。

 国道20号線を少し東京方面に戻ったあと、富士川街道をひたすら静岡方向へ走ります。


 そして、身延を過ぎて静岡県にも近づいてきたあたりで、山の中にずっと入っていったところに、この奥山温泉はあります。

 施設から手前5Kmほどは非常に細い道で、クルマがすれ違うのは待避所のあるところになりますが、幸いなことに私が行ったときには対向車は来なかったので、順調に奥山温泉の施設の前まで行くことが出来ました。以前は途中に未舗装の場所もあったようですが、私が行った時点ではすべてが舗装道路でした。

奥山温泉の駐車場

 途中でクルマにすれ違わなかった割にはたくさんのクルマが停まっていて驚きました。

 建物は山小屋風の外観です。こんな山奥なのに、施設は新しめで、気持ち良く利用することが出来ました。

 受付で温泉博士を提示して中にお風呂へと向かいます。内湯は温泉浴槽とドライサウナ、水風呂がありました。温泉浴槽は入った瞬間に肌がスベスベとしてきました。こちらは、アルカリ性単純泉です。館内にもたくさんのお客さんがいました。山の中ですが人気の温泉のようです。

 ドライサウナはそんなに大きくはありません。3人ほどが入るといっぱいになってしまいます。中には砂時計が設置されていました。5分計でしょうか。水風呂とドライサウナの往復を3回ほどしました。

 露天風呂は半分くらいが屋根の下になっています。この日は雨が降っていましたが、あえて屋根が無いところに入っていました。お湯はぬるめで、ゆっくりとお風呂に入っていることが出来ます。

 周辺の地図を掲載しておきます。


大きな地図で見る

コメント