吉祥寺の激安な大衆食堂「まるけん食堂」でトンカツ定食

20140111-173512.jpg

吉祥寺の北口、女子大通りに近いところに、「まるけん食堂」というとても安い定食屋さんがあるという話しを聞いていました。創業は昭和35年と言いますから前回の東京オリンピックの4年前ということになります。

吉祥寺へ行く機会があった際に寄ってみました。1月の午後5時過ぎです。午後3時から午後5時までは休み時間ということで、再度開店してすぐの時間です。お店の中に入ってみると、すでに一人のお客さんがいました。

店内は4人掛けのテーブル席が2つ、8人掛けのテーブル席が一つです。メニューは壁に掲示されていました。

20140111-171041.jpg

親子丼は430円、玉子丼は400円、焼肉定食は500円といった具合に噂の通りに値段が安いです。単品もハムエッグ160円、焼き飯400円、シラス100円、オムレツ200円、目玉焼き170円などとなっています。大盛は一律50円増しとなっていました。

雑誌によるとこちらの豚汁はふわっとした白味噌ベースで豚バラのコクがいきる煮込みすぎない家庭の味だと紹介されていました。

店内はゆっくりと時間が流れている感じで、昭和の食堂というムードが漂っていました。サンロードの喧騒を離れて少し歩いたところでこんな空間があること自体、驚いてしまいます。

20140111-171722.jpg

今回は450円のトンカツ定食を注文しました。厨房の奥からはトンカツを揚げる音が聞こえてきます。結構、長い時間、あげていました。

そして注文してから15分ほどでトンカツ定食が出来上がりました。こちらになります。

20140111-173103.jpg

トンカツは思っていたよりも大きくて、またハムカツのような薄切りの肉でもなく、しっかりとしていました。衣が薄いので、脂っこくないところが良いです。

まるけん食堂のトンカツ

こちらはハンバーグ定食です。

20140111-173749.jpg

こちらもしっかりとしていて、デミグラスソースも美味しかったです。

【2019/06/02追記】

もやもやさまーずを見ていると、吉祥寺の特集をしていました。そして、こちらの「まるけん食堂」が紹介されていました。

もやもやさまーずは気ままに街をブラブラ歩いているときに巡り合ったお店を紹介するというコンセプトになっていますが、どう考えてもお店の巡り方が偶然とは思えません。

女子大の方に行こうという話しになっていない限りは、まるけん食堂には辿り着かないような気がします。予めスタッフの方々が綿密に訪問先を選んでいるような気がしてきました。

まるけん食堂のお店の人によると、今年で創業してから59年、来年で60年になるそうです。私が訪問した時からも、ほとんどメニューの値段が変わっていないようです。厚揚げ生姜焼きの定食や600円のかつ丼などが登場しています。

テレビを見ているうちに、またこちらの定食を食べたくなってしまいました。今度、吉祥寺に行く機会があったら、こちらのお店によりたいと寄りたいと思います。

【2020/06/30追記】

最近の「まるけん食堂」を特集した記事を見つけました。この記事によると日替わり定食が700円で、唐揚げとハムエッグの定食だったそうです。写真を見ると、唐揚げは小ぶりのものが3つのっているようです。キャベツの千切り、カイワレ、レモンスライスが添えられています。

一方でハムエッグは別のお皿で、ハムが二枚、卵は一個、レタスが添えられています。ほかに豆腐、ワカメ、大根が入っている味噌汁、ご飯、お漬物とこれで700円ということで、相変わらずコストパフォーマンスがとても高いようです。

吉祥寺に行く機会があったら、ぜひまた寄ってみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました