吉祥寺店オリジナルの北極の秋(麺大盛)を堪能

蒙古タンメン中本 吉祥寺

蒙古タンメン中本の吉祥寺店に火曜日の夜7時頃に行きました。このお店はいつも結構混雑しているのですが、この日は幸いなことに空いています。カウンター席が半分ほどしか埋まっていませんでした。
自動券売機で商品を選んでいると、北極の秋というボタンが目にとまりました。吉祥寺店の限定メニューで、北極に秋っぽい素材がいろいろとトッピングされているメニューです。以前は1日限定20食といった制限があったのですが、今回はそのような制限は見あたりませんでした。北極の秋は900円です。


奥の方のカウンター席に案内されてテーブルの上にはすでに水が準備されていました。財布の中を探してみると、吉祥寺店のポイントカードとサービス券が出てきました。サービス券を使うと麺の大盛やゆで卵などがサービスでもらえます。今回はおなかが空いていたので、麺を大盛にしてもらいました。
待っていると、エプロンはいかがですか?と言われたので、もらっておきました。吉祥寺店でエプロンを薦められたのは初めてのことかもしれません。ここのエプロンは結構しっかりとした紙でできていて、使いやすいものでした。
しばらく待っていると、北極の秋が出てきました。
北極の秋
見るからに辛そうな北極のスープがまず刺激的な印象です。そして、たくさんのお肉があるのが判ります。また、秋を象徴するきのこが入っていました。一番上に、ねぎがたくさんのっているのが印象的です。

普通の北極よりも、具がたくさんのっているせいか、辛さが和らいでいるような気がします。ただ、麺をすするような食べ方をすると、気管支に唐辛子が吸い寄せられてむせることがあるので、麺はすすらないで、ゆっくりと食べていくのがコツです。麺もモチモチとしたもので、北極のスープがよく絡みついて、これもまた美味しいです。
一回食べると、しばらくはいいかな?と思うのですが、1週間もたたないうちに、また北極が食べたくなってくるので不思議です。また、蒙古タンメン中本に行きたいと思います。

蒙古タンメン中本 – 辛うまラーメン日本一!

コメント

タイトルとURLをコピーしました