山梨県身延町の下部ホテルで日帰り温泉

下部ホテル

全国旅行支援を利用して、山梨県を旅行しました。1泊目は富士吉田市、2泊目は北杜市、途中、本栖湖から本栖みちを通って、下部温泉に行ってみました。

下部温泉では足湯に入ったほか、1泊目のホテルでもらったクーポン券を使って、下部ホテルの日帰り温泉にも行きました。

日帰り温泉は午前11時から午後3時までの間、利用することができます。受付は午後2時までです。

下部ホテルの日帰り温泉

公式サイトによると、庭園内より湧出する硫黄泉と引き湯の下部温泉共同泉、泉質の異なる二種類の源泉を、7つの露天風呂を含む十二の湯船で堪能できると紹介されています。

下部ホテルに入りカウンターで手続きをしました。今回は全国旅行支援のクーポンを使って会計をしました。

日帰り温泉は午前11時からなのですが、少し時間が早かったので、売店を見てみました。ヤマハのトリシティという3輪バイクが展示されていました。ゆるキャン△の派生作品、ヘヤキャン△で志摩リンが乗っていたバイクです。

志摩リンが乗った三輪パイク

ほかにも売店には、ゆるキャン△関連グッズが多数展示、販売されていました。

11時になったのでお風呂へと向かいました。今回は男性が松ぼっくりの湯でした。(女性は、ほたるの湯)

下部ホテル 日帰り温泉

脱衣所にはロッカーがありますので、荷物も安心です。

スポンサーリンク

内湯

硫黄泉

内湯は入口から入ってすぐのところに、下部ホテルオリジナルの硫黄泉があります。庭園内から湧出している、少しぬるめの温泉を楽しめます。硫黄の香りがほのかに香り、とても気持ちの良い温泉でした。お湯がぬるめなので、じっくりゆっくりと入っていることができます。かなりの時間、この浴槽に入っていました。

下部温泉共同泉

硫黄泉の隣の大きな浴槽が下部温泉共同泉でした。泉質はアルカリ性単純泉です。こちらはお湯の温度が高めで、身体がよく温まります。

サウナは日帰り客が利用する時間帯は提供されていませんでした。

露天風呂

岩風呂は温度が低めの温泉浴槽と温度が高めの温泉浴槽があり、温冷浴が楽しめるようになっていました。檜風呂もあり、お風呂のバリエーションが多いです。

これだけ充実している温泉施設を1200円で利用できるのはとても価値が高いと思います。

休憩

お風呂からあがったあとは、お風呂の向かい側にある部屋で休みました。ソファーが並べられているほか、舞台もあります。太鼓が置いてあるので宿泊客向けには演奏があるのかもしれません。

下部ホテル 休憩施設

その隣の部屋にはコミックが置いてあり、くつろげるようになっていました。

下部ホテル 漫画コーナー

別棟では、下部温泉ボロネーゼが食べられます。

下部ホテル ボロネーゼ

醍醐山カレーもおすすめのようです。

下部ホテル カレー

この日は身延町にある別の昼食スポット(花梨)に行ったため、ボロネーゼは食べませんでしたが、また身延に行く機会があったら試してみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました