吉祥寺の大戸屋で「大戸屋ランチ」


平日のお昼前、移動中に吉祥寺へ立ち寄ったので、ついでに大戸屋で昼食をとることにしました。

吉祥寺駅の周りに複数の大戸屋があるようですが、今回は公園口、狭いバス通りを三鷹駅方向に2分程度歩いたところにある中二階の大戸屋に行きました。

まだ、時間が午前11時半ごろでしたので、店内は非常に空いていました。

メニューをめくって見ましたが、いつものように大戸屋ランチで落ち着きました。注文してから10分ほどで料理が運ばれてきました。

ホクホクのカボチャのコロッケ、鳥の唐揚げ、目玉焼き、キャベツの千切り等が所狭しと盛られています。右奥には大根おろしが入った容器もあります。こちらは唐揚げなどと一緒に食べるとさっぱりと食べることができます。

ご飯は五穀米の並盛りにしました。なんだか見た目は赤飯のようです。なんとなく、ご飯自体もモチモチとしていて、味の方も赤飯を少し感じました。

香の物とドレッシングです。

お味噌汁も大戸屋によく合います。

こちらが大根おろしのアップです。

カボチャのコロッケは大きさもちょうどよく、食べやすかったです。


税込699円でこのクオリティだとすると、松屋の定食類よりもかなりコストパフォーマンスが良いと思います。

 

大戸屋
素材と店内調理にこだわる、定食の「大戸屋ごはん処」を展開。“そうそう、これこれ”って、思わず嬉しくなる味。家庭の食卓にある献立をイメージした、そんな毎日食べたくなる、くらしの基本になるごはんを大戸屋は丁寧に作ります。

コメント