秩父のナチュラルファームシティ農園ホテルに宿泊

3.0

楽天トラベルで秩父市でお得に使えるクーポン券が配布されていました。最大で一回の宿泊につき9000円の割引クーポンが配布されています。

どんなホテルで使うことができるのか調べて行ったのですが、11月の最後の土日にナチュラルファームシティ農園ホテルの空室があるのを見つけました。

こちらのホテル、秩父市の霊園などもある高台の上に建っているホテルで眺めが抜群に良いです。以前から泊まってみたいと思っていたのですが、なかなか泊まる機会がありませんでした。

結局は楽天のダイヤモンド会員のクーポンやスマートニュースで配布されていたクーポンも一緒に利用することができて、大人一人6000円ほどで泊まることができたので良かったです。

国道140号線のファミマから見上げるとこんな感じでホテルが建っています。

ナチュラルファームシティ農園ホテル

スポンサーリンク

チェックイン

土曜日の午後4時ごろにチェックインしました。ホテルの前にある駐車場は満車の表示が出ていたので、第二駐車場に車を停めました。

本館から入るとすぐに受付があります。手続きが終わった後、別館へと歩いて行きました。別館は元々はバブルの時期に建てられたリゾートマンションの建物です。本館とは少し離れたところに建っているので、渡り廊下を歩いて行く形になります。

別館への渡り廊下

この廊下は限りなく屋外と同等なのでとっても寒かったです。

また、別館自体もマンションなので廊下や各部屋の玄関が外にあります。

ナチュラルファームシティ農園ホテル別館の廊下

部屋に入るまでにはとっても寒いです。4階の部屋でしたがエレベーターは一つしかありませんでした。以前は一階に30年以上営業してきたスナックがあったようですが、私たちが泊まった日には見当たりませんでした。

リニューアルされた室内

一方で部屋の方に一歩入るととても綺麗にリフォームされていて、ホテルらしい雰囲気になっていました。

ナチュラルファームシティ農園ホテル

くつろげるスペースもあります。

リフォームされた室内

お風呂も綺麗にリニューアルされています。

部屋のお風呂

数年前にリニューアルされる前の実際に利用された方のレポートを読むと、本当に古いリゾートマンションの間取りそのままで、使えなくなった台所もそのまま残されていたそうです。その時と比べると、本当に天国のような感じです。

抜群の眺め

部屋からの眺めも最高に良いです。

部屋からの眺め

ちなみに別館の外廊下側から見下ろしたところに農園があります。こちらで採れた野菜もバイキングで提供されているのでしょう。

ナチュラルファームシティ農園ホテルの農園

ディナーバイキング

夕ご飯のバイキングは午後5時から始まります。オープン時間を狙ってレストラン秩父路に行きました。

レストラン秩父路

午後5時に予定通りにオープン、一組ずつ順番にテーブルに案内してくれました。

続いて、バイキングの始まりとなります。数十種類ある料理の中で食べたいものを少しずつもらってきました。

こちらはローストビーフです。

ローストビーフ

天ぷらもありました。

天ぷら

お刺身もあります。

お刺身

魚や大根の煮物です。

お魚

豚やチキンのソテーです。

豚肉

新鮮なサラダも色々ありました。美味しいです。

サラダ

こちらは秩父のお漬物です。

秩父の漬物

ローストビーフをおかわりしました。

ローストビーフ

 

野菜もお代わりです。

サラダ

デザートはプチケーキです。

プチケーキ

果物もあります。

フルーツ

ソフトクリームまでありました。

ソフトクリーム

ごちそうさまでした。

午後5時に案内されたお客さんで一旦窓際の席は埋まってしまい、次の窓際の席が空くタイミングは午後6時10分から20分の間ごろでした。窓際の席を希望する方は参考にしてみてください。

お風呂

大浴場は本館と別館をつなぐ廊下の本館側にあります。ただ、ホテルの規模に比較するととてもお風呂が小さいです。内風呂の浴槽は一つ、5人ほどが入ることができるサイズです。一部、ジェットが出ているところがあります。

サウナはあるのですが新型コロナウイルス感染拡大防止のために利用は中止されていました。男風呂にあるサウナ室は入口のドアが破壊されてしまっており、なんだかなという感じです。

ひどいのは露天風呂で普通のバルコニーのようなところに二人が入ったらいっぱいになってしまう小さな浴槽がしつらえてありました。ただ、この露天風呂からの眺めは本当に最高です。場所が良いのに本当にもったいないと思います。

露天風呂は白湯のような感じでしたが、内風呂は温泉でした。泉質は重炭酸ソーダ (加温・加水・循環濾過)です。お風呂から上がった後も身体がぽかぽかしていました。

駐車場に大きなタンクを積んだトラックが停まっていたので、もしかすると運び湯かもしれません。調べてみると小鹿野町から運ばれてきていると紹介しているブログを見つけました。

朝ごはん

朝になりました。残念ながら秩父の市街地の雲海を見ることはできませんでした。11月は比較的、雲海が現れる機会も多く、こちらのナチュラルシティファーム農園ホテルは部屋から雲海を見ることができると有名な場所なのですが残念です。

スッキリと澄み渡っています。

秩父市街地

秩父市街地

朝7時半ごろに朝食会場へと向かいました。

ちょうど第一陣が食べ終わったところで窓際の席が空いていました。バイキングコーナーからまた少しづつ料理をもらってきました。

ベーコン 湯豆腐

朝も野菜がたくさん準備されていました。新鮮で美味しい野菜です。

野菜サラダ

お味噌汁です。

味噌汁

スクランブルエッグは絹のような滑らかさで、家では絶対に作れないような出来栄えです。

スクランブルエッグ

ライブキッチンで作ってくれる目玉焼きです。黄身がぽっこりと盛り上がっていて特別な卵であることが分かります。

目玉焼き

ご飯のおともシリーズです。

納豆、しらすおろし

雑穀ご飯です。急激な血糖値の上昇を抑えられます。

雑穀ご飯

チェックアウト

チェックアウト時間は午前10時ですが、この時間帯は受付カウンターが混雑するので、時間をずらすようにチェックインの際に言われていました。チェックアウト時間に受付カウンターが混雑することが判っているのであれば、混雑しないようにするための工夫をするのがホテル側の責務だと思うのですが、客に配慮を求めるのは少し違うのではないかとも思いました。

ただ、混雑に巻き込まれてしまうと大変なので、午前9時過ぎにはチェックアウトの手続きをしました。秩父駅周辺の施設はだいたいが午前10時オープンなので、もう少しホテル側の配慮が欲しいところです。

聖地公園と旧秩父駅駅舎

こちらのホテルからさらに道を登って行ったところに秩父市の聖地公園があります。こちらは「あの花」でお墓参りをするシーンで登場しています。また、聖地公園の中に旧秩父駅の駅舎も展示されています。先日、訪問した際のレポートはこちらで紹介しています。

聖地公園に移設された旧秩父駅舎を見学
秩父へ旅行に行った際に聖地公園に移設、保存されている旧秩父駅舎に行ってみました。こちらの聖地公園自体も「あの花」の中でお墓参りのシーンで登場します。 上武鉄道(現在の秩父鉄道)が秩父まで延伸された際に開設された当時の駅舎で、木...

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました