秩父のカフェ「天空の楽校」で角煮ちまき「天空のちまき」

4.0

秩父で観光を終えて東秩父村に向けて車を走らせていたところ、どこかで道を間違えてしまったみたいで、とんでもない山道を下ることになってしまい、麓に着いてみるとそこは皆野町でした。

皆野町と昼めし旅

車のテレビが映るようになったので、たまたま放送されていたテレビ東京系列の昼めし旅を見ていると、「天空の楽校」という「ちまきカフェ」が紹介されていました。

このカフェ知っています。以前、帰れマンデー見っけ隊「秘境路線バスに乗って飲食店を見つけるバスサンド」で秩父を特集しているときに登場して行きたいと思っていたところです。

いったい、どこにあるのだろうと手元のスマホで探してみると、今いる場所と同じ皆野町でした。とは言っても、皆野町はとても広いみたいでカーナビで検索をしているとそこから20分はかかるようです。ただ、道を間違えて皆野町に出たのも何かの縁だろうと思い、そのまま天空の楽校に向かってみました。

ナビに従って山道を登っていくとどんどん道が細くなって対向車とのすれ違いも困難な道になります。この道をバスが通っていることには驚くばかりです。サンドイッチマンもここをバスで走っていたら、この先に飲食店が本当にあるのか?と不安になってしまうこともよく分かります。

秩父華厳の滝あたりを過ぎたところで少し雨が降り出してしまったので絶景を楽しむことは難しいかもしれませんが、そのまま道を進みます。やがて開けた場所にでて、そこにはまた人家が見えてきました。皆野町上日野沢天空の里です。

天空の楽校

天空の楽校は廃校になった里山の小さな分校をリノベーションして営業しています。標高550メートルの場所にあって絶景を楽しみながらくつろぐことができます。どうしてこんなところにカフェがあるのか、それはこちらのYouTube動画にまとめられていました。

東京都出身の稲垣千鶴さん(アジクリさん)という方が1995年頃からアーティスト活動を開始して秋葉原を中心に活動されていました。こちらがCDです。

2011年ごろから秩父に移住して、本当はここで音楽をしたかったのですが、校舎を貸し出す条件に「地域活性化」という条件があったのでこちらで名物料理を開発して、ちまきカフェをオープンしました。保存食でとても美味しいもの、ポケットに入っていたギターのピックからちまきの発想を得たそうです。お母さんが管理栄養士ということもあって応援してもらったそうです。こちらのカフェもオープンから10周年を迎えました。

駐車場もあります。駐車場の案内が見つからなかったのですが、建物を過ぎたところに駐車スペースがありました。軽トラックが何台か停まっています。

駐車場から入口へと向かいます。

入口の前には「天空の里」というバス停がありました。皆野町の役場入口から日野沢行きという路線があるようです。

こちらがバスの時刻表です。1時間に1本から2時間から1本という頻度でバスが来ます。

メニュー

こちらがメニューです。建物の入口から中に入っていいのかな?と思ったらそこは厨房でした。この建物の入口にあるメニューを見て注文する形になります。

ちまきだけでも本当にたくさんの種類があります。新発売の牛すじカレーちまき、角煮が入った天空のちまき、青しそチキン、鶏ごぼう、ベーコンチーズ、海鮮ちまきなどです。YouTubeで動画を見ていると、こちらのカフェでドリンクしか頼まないお客さんに、ちまきを注文しない理由を聞いてみたところ、「お肉が苦手だから」という答えをもらったので、海鮮ちまきを作ったのだそうです。

ドリンクのメニューがこちらです。

天空バーガーも美味しそうです。角煮の天ぷらというのがとても気になります。

スイーツメニューも充実です。

給食セット、天空のノンアルセットといったセットメニューもあります。

雨に濡れずに食べられる場所があります。

こちらが校庭だったのでしょう。こんなに景色が良いところで勉強したり運動したりした生徒さんのことが羨ましいです。

バーベキュー

奥にはバーベキューができるコーナーもあります。二人から三十人前後までの希望の人数でバーベキューを楽しめるというのとなので、コロナ禍が収まったらぜひ利用してみたいです。オプションでシェラスコやスモーク(燻製)作りの注文もできます。こんな絶景の場所でバーベキューができたら良い思い出になりそうです。

バーベキューは事前予約の上、到着30分前を目安に電話をすると炭の火起こしをして待っていてくれるそうです。

詳しくはこちらで紹介されています。

タイプは予約の時にご指定ください。
Aセット(3000円) 内容(1名様分) ・スペアリブ ×1 ・手羽元 ×2 ・ソーセージ ×1 ・豚バラ ×2 ・牛バラ ×1 ・さつま揚げ(半分) ×1 ・地元野菜 ・季節のサラダ ・ベーコン ×1 ・もつ煮小鍋 ・焼きバナナ ×1

手前にはイベントステージがあります。音響や照明設備も充実したとのこと、バーベキューをしながら出し物まで楽しめてしまいます。

テーブルがたくさんあります。

なんと、こんなに山の中なのにWi-Fiもありました。ステーションIDとパスワードは現地で確認してください。

天空のちまき

こちらが角煮が入っている天空のちまきです。

中を開けてみると、しっかりと味がついたご飯と角煮、干し椎茸が出てきました。ご飯がモッチモチで出汁がしっかりと効いています。

具だくさんですし、手間がかかっていることがよく分かります。ちまきをたくさん作るときには地域の方にも協力いただているそうです。

ワッフル&アイスバウムです。

ごちそうさまでした。

皆野町立立沢分校

こちらに分校だった当時を偲ばせるものがありました。皆野町立立沢分校という名前だったようです。調べてみると、明治9年に上日野沢小学校の分校として開校しましたが、昭和54年3月に日野沢小学校に統合され閉校となってしまいました。その後、敷地と校舎は「日野沢山の家」に転用されていた時期もありました。

昭和へタイムスリップ

教室が一つ、見学できるようになっています。教室の中には懐かしいインベーダーゲームが展示されていました。さすがに学校時代は置いてなかったと思いますので、展示用に運んできたものなのでしょう。

小さなピアノがたくさんあります。

山口百恵さん、松田聖子さん、中森明菜さんのポスターが並びます。昔はLPレコードを買うとこのようなポスターを貰えたのを思い出しました。

こちらは学校というよりも、誰かの部屋という感じになっています。

こちらも懐かしいポスターやシングルレコードジャケットの数々。

昭和時代にタイムスリップしました。

通信販売とふるさと納税返礼品

なかなか、秩父は遠くていけないよという場合には、ちまきの通信販売もされています。こちらのページで通信販売の申し込み方法が紹介されています。

https://www.tenku-school.com/通信販売/

冷凍で3ヶ月間の保存ができるので少し多めに買って保存しておいても良さそうです。

なお、皆野町のふるさと納税でも返礼品として天空のちまきが選べます。ふるさとチョイスからどうぞ。

ふるさとチョイス | 【おすすめ】 皆野町 ちまきのふるさと納税を探す
皆野町 ちまきのおすすめの品を探すなら、掲載品数No.1のふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」。全国の特産品37万品目をご紹介。クレジットカードにも対応。ランキングや寄付上限金シミュレーションがあるから初めての方でも寄付が簡単です。

天空の楽校はこのような場所なので冬季期間はお休みとなります。冬季のお休みも通信販売は実施、また、道の駅などでの出張販売をしていることもあるそうです。

周辺の観光案内

天空の楽校からの帰り道、満願の湯はいかがでしょうか。以前、訪問した際のレポートを紹介します。

秩父にある満願の湯に行ってきました
秩父にある日帰り温泉、満願の湯に行ってきました。東京から所沢、飯能を通り、国道299号線で秩父へと向かいます。この国道299号線は川沿いの道なのですが、信号も少なく、とても気持ちの良い道です。ところどころ、紅葉が真っ赤になっていて、...

秩父華厳の滝も素晴らしかったです。

秩父華厳の滝を見学
天空の楽校という「ちまきカフェ」に行く途中、秩父華厳の滝という観光地の横を通りました。ちょっと気になったので、天空の楽校で絶景を楽しみつつ天空のちまきを味わったあと、帰り道で秩父華厳の滝に寄ってみました。埼玉クールスポット百選にも選ばれてい...

コメント

タイトルとURLをコピーしました